Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Technics新世代アンプ「SU-R1000」。測定レコードでアナログが高音質化

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

パナソニックは、Technicsブランドの最上級「リファレンスクラス」のアンプとして、ステレオプリメインアンプ「SU-R1000」を12月11日に発売する。受注生産で、価格は83万円。カラーはシルバー。 【この記事に関する別の画像を見る】 既存のリファレンスクラス「R1」シリーズはセパレートアンプだったが、プリとパワーのインターフェイス接続のしやすさなどから、プリとパワーをセットで買う人が多いという。そこで、プリメインアンプでリファレンスのクオリティを実現するアンプとして、新たに「SU-R1000」が開発された。 フルデジタルアンプを新技術によりさらに進化させ、「力強く正確なスピーカー駆動を実現するとともに、応答性が高くノイズを抑えた新開発の電源により、純度が高く、エネルギー溢れた躍動感のある音楽再生を実現した」という。 さらに、アナログ回路とデジタル処理を組み合わせた独自の信号処理を行なう「Intelligent PHONO EQ(インテリジェントフォノイコライザー)」により、アナログレコードのサウンドをより忠実に再現できるのも特徴となる。 Technicsのデジタルアンプ「JENO Engine」は、高精度なジッター削減回路とPWM変換回路により、音声信号をデジタルのまま入力段からパワー段まで低ジッター伝送・処理することで、純度の高い音楽再生が可能。 スピーカーを接続した状態でのアンプの出力特性と位相特性を測定することで、幅広い種類のスピーカーを理想的な振幅・位相特性で駆動できる「LAPC(Load Adaptive Phase Calibration)」も搭載。独自のデジタル技術により、低ノイズでクリアな音質と、広大な音場イメージの再現を実現している。 新たな技術として「Active Distortion Cancelling Technology」(ADCT)を投入。スピーカーをドライブした時の、瞬時的な供給電圧の落ち込みや逆起電力などが原因でパワーアンプ部で発生する歪みを高精度に除去するもので、パワーアンプ部からスピーカーに出力される信号の一部をデジタル変換し、JENO Engineの出力信号と比較することで歪み成分だけを正確に抽出。歪みをキャンセルしている。 アナログアンプに用いられる、音楽信号そのものをフィードバックする負帰還回路(NFB)とは異なり、デジタル領域で歪み成分のみを高精度に抽出して歪みだけをキャンセルしているため、音質に影響を与える過渡特性を損なわずスピーカーのドライバビリティを向上できるという。これにより、「歪みを抑え、音楽信号に込められた躍動感とエネルギーをありのまま再現する」という。 電源部には「Advanced Speed Silent Power Supply」を採用。スイッチング電源は、瞬時の電源能力に優れ、力強い音を実現できる反面、スイッチング動作が起因となるノイズの発生という弊害もある。このノイズの低減をさらに推し進め、より進化した高速スイッチング電源を開発。 微細な入力信号を扱うプリアンプ部と、増幅出力信号を扱うパワーアンプ部を上下2段のフロアに分離したセパレート構成を採用。下段のプリ部には、アナログ信号処理のブロックとデジタル信号処理のブロックを分離。それぞれに専用の電源から供給している。 「Intelligent PHONO EQ」は、フルデジタルアンプという特性を活かし、デジタル信号処理を活用する事で、アナログ回路だけでは実現できない高音質化を達成するもの。 具体的には、アナログとデジタルのハイブリッド処理により、正確なEQカーブを実現する「Accurate EQ Curve」機能を搭載。フォノイコライザーをアナログ回路とデジタル回路のハイブリッドで構成。レコードからの微小な信号を、アナログ回路で増幅、A/D変換時の変換誤差を抑え、デジタルフィルターにより左右レベルやバラツキのない性格なイコライザーカーブを実現。高精度なフォノイコライザーを実現している。 デジタルフィルターの特性を活かし、RIAAカーブを含めた、7種類(RIAA/IEC/Columbia/Decca/FFRR/AES/NAB/RCA)の様々な補正カーブも選べる。これにより、膨大なアナログレコードの音を、より忠実に再現できるとする。 さらに、カートリッジ特有のクロストーク特性を測定・改善する「Crosstalk Canceller」も用意。カートリッジは、1本の針でレコードの溝に刻まれたステレオ信号を拾うため、原理的に左右のクロストークが発生する。 それを改善するため、測定用の「キャリブレーション・レコード」を同梱。このレコードを、ユーザーが持っているアナログプレーヤー、カートリッジを使って再生。アンプ側で、そのサウンドから、クロストークを測定。それを踏まえて、DSPでキャンセルする事で、クロストークを改善。「レコードの溝に刻まれた本来の音をより忠実に再現する」という。 クロストーク特性の測定・補正に加え、カートリッジとフォノイコライザーのインピーダンスマッチングによる影響をDSPで補正する「PHONO Response Optimiser」も搭載。これもキャリブレーション・レコードを用いて測定・補正する。インピーダンス整合のための切り替えスイッチを追加することによるノイズ混入の可能性を排除し、カートリッジ本来の音を引き出すとする。 なお、「Crosstalk Canceller」と「PHONO Response Optimiser」は同時に測定・補正が可能で、内蔵メモリーに3つのカートリッジ補正データの保存や名前の入力が可能。カートリッジに合わせて切り替えできる。 各ブロックの干渉を抑えるために、筐体内は補強を兼ねた鋼板シールドプレートで、ブロックごとに分割。筐体も10mm厚のアルミフロントパネルや、サイドパネルやトップパネルには6mm厚のアルミパネルを採用。鋳鉄製のインシュレーターを採用するなど、高剛性化を徹底した。 アンプ部には、高速でロスの少ない超低ON抵抗の「GaN-FET」を採用。電源回路用のFET素子にも高速なGaN-FETを採用したほか、整流回路には高耐圧でリカバリ損失を大幅に削減できるSiCダイオードを使用。定格出力は150W+150W(8Ω)。推奨負荷インピーダンスは4~16Ω。 A/Dコンバーターには、旭化成エレクトロニクスの高性能チップを採用。極太のスピーカーケーブルの装着も可能な、このモデル専用のスピーカー端子を採用するなど、各所に高品位なパーツを吟味して採用している。 PHONO入力はピンジャック入力に加え、ハイエンドのフォノイコライザーなどに搭載されているPHONOのXLR入力(MC専用)にも対応。 USB DAC機能も備えており、USB-B端子はネットワークオーディオサーバーなどへの常時接続と、ノートPCなどの使用時の接続用に2系統用意。USB DACとしては、384kHz/32bitまでのPCM、22.4MHzまでのDSDに対応する。 デジタル入力ではMQAもサポートし、接続機器でのMQAファイルやMQA-CD再生時のフルデコード再生が可能。 アナログ入力端子として、アナログ音声(RCA)×2、XLR×1、Phono(RCA)×1、Phono XLR×1、メイン入力×1、REC入力×1。デジタル入力はUSB×2、光デジタル×2、同軸デジタル×2。アナログ出力として、RECアウト×1、プリアウト×1を用意。標準ステレオのヘッドフォン出力も備えている。 外形寸法は430×459×191mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約22.8kg。消費電力は220W。 ■音を聴いてみる 機能面でユニークなのは、付属のレコードを再生し、ユーザーのアナログプレーヤーやカートリッジの特性を踏まえ、理想的に再生してくれる「Crosstalk Canceller」と「PHONO Response Optimiser」だろう。 これらを活用すると、アナログレコード再生時の音質が、より陰影が深く、クリアで生々しいものになる。それでいて、アナログらしい滑らかさ、質感などは維持されており、“デジタルっぽい音”になる事もない。これは非常にユニークかつ効果的な機能だ。 プリメインアンプとしての、基本的なドライブ能力や音質も大幅に進化した。クリアさ、微細な描写のシャープさなどが大きく進化したと感じるが、それに加えて特筆すべきは、中低域のパワフルさ、溢れ出る“熱気”の気持ち良さだろう。 既存の「R1」シリーズは、どちらかというと“優等生”的なサウンドで、ドライブ能力や細かい描写は得意だが、音楽の熱気など、美味しい部分を色濃く再生するようなアンプではなかった。それに対して「SU-R1000」は、音楽の美味しいところを力強く聴かせてくれる。自然と体が動くようなエモーショナルな描写と、クリアさ・シャープさの進化が両立したプリメインアンプに仕上がっており、Technicsの新世代を実感できる音だ。

AV Watch,山崎健太郎

【関連記事】