Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

倒れた相手に反則膝蹴り 残酷な失神&流血の一撃に海外波紋「参戦資格を剥奪しろ」

配信

THE ANSWER

問題シーンに米波紋「なんてこった」「完全に膝入ってる」

 米国の総合格闘技「MMA」で起きた反則が波紋を呼んでいる。10日(日本時間11日)に開催した「LFA84」のショーン・ウエスト対ボストン・サーモン(ともに米国)による150ポンド契約マッチ。ウエストが反則の膝蹴りをお見舞いし、失神、流血の事態となった。米メディアが実際の動画を公開すると、海外ファンから「逮捕すべき」「彼の参戦資格を剥奪しろ」などと非難が浴びせられている。 【動画】「参戦資格を剥奪しろ」と波紋 膝蹴りを受けた相手は失神と流血を…米メディアが公開したウエストの反則シーン  残酷な膝蹴りだった。2回、ウエストの右フックを顔面に受け、サーモンは体勢を崩して両手と膝を床につく。次の瞬間だった。勢いよく距離を詰めたウエストが左膝を一閃。顔面を強烈に捉えた一撃で、サーモンは顔から流血。ぐったりと倒れ、失神してしまった。レフェリーに止められたウエストは、金網に登って喜びを表現した。  だが、反則行為で歓喜のウエストは敗者となった。実際の動画を米スポーツ専門局「ESPN」のジャーナリスト、アリエル・ヘルワニ氏が自身のツイッターに公開。「これ以上の反則と残忍さはない。なんてこった」と文面に綴り、衝撃を伝えている。  投稿には「彼の参戦資格を剥奪しろ」「これは本当にひどい…彼の無事を祈る」「逮捕すべき」「完全に膝入ってる」「23秒待ってたら勝利だったのに」「もうちょっと待ってたら、2020年ベストKOだったのに」など、海外ファンから非難の声が寄せられている。  また英紙「ザ・サン」は試合の顛末を記した記事で「ファンの間ではさっそくソーシャルメディアで非難の声が上がっている」と指摘。恐ろしい反則劇に対し、厳しい目が向けられているようだ。

THE ANSWER編集部

【関連記事】