Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

更年期症状が40代から起こる仕組みって?上手なつき合い方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

「更年期」は女性の人生の中で、最も体からの主張が激しい時期です。生理不順、ホットフラッシュ(ほてり・突然の発汗)、イライラ、頭痛、動悸、関節痛、胃腸症状などさまざまな症状で体内の変化を伝えてくるわけですが、女性にとっては、いつ終わるとも知れない不快な症状に悩まされる辛い時期になります。 その理由や対処法について、杉山産婦人科理事長・杉山力一先生に教えていただきました。

更年期に女性の体の中で起こっていること。うまくつき合う方法は?

更年期は、閉経の前後5年を合わせた40代半ば~50代半ばの10年間のことを指します。この期間に起こる症状を「更年期症状」といい、さらに更年期症状によって日常生活に影響が出る状態を「更年期障害」と呼びます。この更年期に大きく関係する臓器が、卵巣です。 卵巣は、生理や妊娠・出産、女性としての「性」に大きく関わります。そして、年齢とともに卵巣の活動性がだんだん低下していくと、更年期が訪れることになります。 ●更年期障害はなぜ起きる? 卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」が大きく揺らぎながら低下します。このエストロゲンの変化が、更年期症状や更年期障害を引き起こす主な原因です。 女性の体は、エストロゲンによる影響を大きく受けています。生理周期や妊娠・出産だけでなく、脂質の代謝や骨量の維持、脳の機能、肌のハリやうるおいにも関係しており、エストロゲンは女性の体を支える太い柱と言えるでしょう。 更年期にはその柱が揺らぎながらどんどん細くなるため、体のバランスが崩れ、さまざまな症状が表れるようになります。 さらに更年期を迎える40~50代は、加齢に伴う体の変化や、家庭や仕事のストレスを受けやすい時期でもあるため、よりバランスが崩れやすく、更年期障害に苦しむ方も少なくありません。 しかし、この更年期は女性にとって大切な時期であり、人生を見つめ直す、重要なターニングポイントになります。 ●更年期は、新たなスタートをきる時期 日本の女性の平均寿命は、87.32歳です(平成30年簡易生命表より)。閉経を迎えるのが約50歳なので、そこから約30~40年は人生が続くことになります。 この閉経を迎えると、エストロゲンという太い柱がなくなった影響で、骨粗鬆症や動脈硬化などのリスクが高くなります。つまり、今まで当たり前だった「健康な体」を、今までの生き方では維持できなくなる恐れがあるのです。 更年期は、その警鐘を鳴らしてくれる期間と言えます。今までの生き方、働き方、家族の関わり方で今後生きていけるのか、このままでいいのか、それを体が尋ねているのだと捉えてみましょう。 更年期から数えれば、あと40~50年という長い人生が続く可能性が高いわけです。その期間を悔いなく自分らしく過ごすにはどうすればいいか、立ち止まって考えてみてください。新しいスタートをきるために、更年期という時期があるのかもしれません。

【関連記事】