Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドル全面安、米景気回復の鈍化に対する懸念根強い-一時105円台半ば

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Bloomberg

(ブルームバーグ): 東京外国為替市場ではドルが全面安の展開。米国の景気回復の鈍化懸念が根強く、米金利が低水準で推移する中、ドル売りが優勢となった。ドル・円相場は1ドル=105円台半ばまで値を切り下げる場面があった。

市場関係者の見方

三井住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテジスト

あおぞら銀行の諸我晃総合資金部部長

背景

(c)2020 Bloomberg L.P.

Shigeki Nozawa

【関連記事】