Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Nulbarich・JQ×スガ シカオが語らう、90年代のアメリカのミュージックシーン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の『Mercedes-Benz THE EXPERIENCE』(ナビゲーター:スガ シカオ)。その時代、その場所で、どんな音楽を聴きたいか―――時代を越えて、国境を越えて、ナビゲーターのスガシカオが旅好き・音楽好きのゲストと共に音楽談義を繰り広げる、空想型ドライブプログラムだ。 7月5日(日)のオンエアでは、Nulbarich・JQと「90年代アメリカ」を空想ドライブする様子をお届けした。

90年代のアメリカをドライブ!

JQは、1月中旬から滞在しているというLAからリモートで出演。現地到着後すぐに新型コロナウイルスの影響でロックダウン(都市封鎖)となり、人種差別に抗議する暴動も始まったことから3、4か月は外出を控えているという。 スガ:それは大変な時期に行っちゃったものだね。 JQ:逆に貴重な体験を(しています)。 スガ:そんなLAからよろしくお願いします。今週はどの時代をドライブしましょうか。 JQ:90年代のアメリカはどうですか? スガ:いいですね。90年代のアメリカは、いろいろな音楽がごちゃまぜになっているようなイメージがあるけどね、なかなか面白そう。90年代のアメリカの音楽についてMBUXにちょっと聞いてみましょう。 90年代のアメリカのミュージックシーンについて、スガは「Hi, Mercedes」と話しかけるだけで起動する対話型インフォテイメント・システム「MBUX」に詳細を尋ねた。 MBUX:90年代初頭に大きなムーブメントとなったのが、グランジでした。ニルヴァーナが世界的に大ブレイクを果たし、サウンドだけでなく、ファッション面でもカジュアルでルーズなスタイルが流行します。また、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンなど、ラウドでオルタナティブなミクスチャーバンドが活躍の場を広げていきます。ブラック・ミュージックではヒップホップとR&Bの境目があいまいとなり、ドクター・ドレー、P・ディディのように、ヒップホップ出身のプロデューサーが音楽業界全体に大きな影響力を及ぼすようになります。また同時に、エリカ・バドゥやディアンジェロのように、オーガニックなソウル・ミュージックが再評価されるようになります。 スガ:ありがとうMBUX。なるほどね、確かに。ヒップホップ、R&Bが大活躍だし、ロック系も新しい音楽がどんどんミクスチャーで出てくるような感じで。プラスアイドルみたいなね。 JQ:そうですね。 スガ:歌姫系もたくさんいますね。今日は、JQ的にはヒップホップだね。 JQ:90年代のときって、まだあまり音楽を掘り下げて聴いてなかったんです。僕からすると掘っていた90年代という感じなんですよね。 スガ:あとから堀ったという感じ? JQ:はい。2000年ぐらいにヒップホップに出会って、そこからDJプレミアとか、それこそ2パックとか、P・ディディとかを聴くようになって、そこからどっぷりハマっていった感じではあるので。 スガ:なるほど。そうか、リアルタイムではないのか。 JQ:そうですね。

【関連記事】