Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【K-1】ピケオー、離婚騒動のあった久保優太に「奥さんとは仲良くやってもらえればと思うがベルトは確実に失う」

配信

ゴング格闘技

2020年3月22日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~』に参戦する、ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym)が19日(木)都内にて公開練習を行った。 【写真】余裕の笑顔でインタビューに答えるピケオー  ピケオーはK-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチとして、王者・久保優太(K-1ジム五反田チームキングス)に挑戦する。  2015年5月に初来日し、当時国内トップの実力者だった佐藤嘉洋をKOして注目を集めた。同年7月の『K-1 WORLD GP -70kg初代王座決定トーナメント』では決勝でマラット・グレゴリアンに敗れるも、1回戦と準決勝はKO勝ちして準優勝。その後は現在までチンギス・アラゾフに敗れたのみで、日菜太、木村“フィリップ”ミノル、野杁正明といった国内強豪たちを軒並み撃破し、日本人相手に無敗を誇る。2016年4月に奪取したKrushスーパー・ウェルター級王座は5度の防衛に成功。戦績は45勝(20KO)7敗1分。  公開練習では立ち止まってリズミカルにパンチを連打するミット打ちを見せたピケオーだが、これは「いつもそうだが、公開練習では全てを見せないのが今までやってきたこと。今回もトレーナーから手の内を明かさないようにと教わってきたので、軽く慣らすようにしただけ」と、特に意味がないという。 「コンディションは完璧。いつも通り万全だ。タイトルに挑戦できるのは嬉しく思っているし、ベルトを獲れるチャンスをものにしたい。興奮しているよ」と笑顔を輝かせた。  久保については「彼はKrushでもK-1でも輝かしい戦績を残しているが、私も優るとも劣らないキャリアを積んでいる。彼以上の戦いを見せたい」と実績では引けをとらないとし、久保が公開練習でカウンターがカギになると発言したことについては「彼はカウンターのテクニックを持っているが、私もトレーニングでカウンターが上手い選手とやって来た。戦術はできている。彼がいくらカウンターを狙おうが、自分は常に前へ出て、それ以上の攻撃をするだけだよ」と涼しい顔。  とはいえ、甘く見ているわけではない。「彼には1年のブランクがあるが、自分自身の経験では長期間練習できずジムに戻った時に、毎日トレーニングしていた相手をものともせず、やっつけることができた。だからブランクに大きな意味はない。彼も準備はしてきているはず」と、1年のブランクがあっても久保は強敵であると認める。 「前回以上にコンディションはいい。自分を信じてベルトを確実に獲りたい。過去2度、トーナメントで勝てなかったこともあり、最終的には全試合勝って王者になる夢もある。しかし、今回タイトルマッチができるので今はそこしか考えていないし、ベルトをモノにしたい」と、K-1王座奪取に並々ならぬ意欲を示す。  そんなピケオーに世界で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響はなかったのかと聞くと、「自分の国でも影響があって、様々なジムが閉鎖した。でも私は外でできるトレーニングを続けて、自分のコンディションを整えて今まで以上にコンディションを整えているので問題はない」と、影響はあったようだがコンディションに問題はないとした。  また、SNSで妻サラとの離婚騒動があったことを明かしていた久保に「個人的な話なので何を言っていいか分からない。確かに言えることは、奥さんとはそのまま仲良くやってもらえればと思うが、ベルトは確実に失うでしょう」とのメッセージを送った。  今大会で行われる「K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント」の予想を聞かれると(ピケオーはKrushのスーパー・ウェルター級王者)「最初はニコラス・ラーセン(和島大海と1回戦で対戦予定だったが欠場)かと思っていた。でも、こういうことになっているので日本人にもチャンスがあると思う。みんなにチャンスがあると思うよ。城戸はいいヤツで好きだから勝ってもらいたいけれど今回はどうかな……」と、予想は難しいとした。  そして最後に「支持してくれている日本のファンに感謝を伝えたい。今回ベルトを獲ってK-1の全試合に出たいし、防衛もしてファンのために試合を盛り上げていきたい。長らく願っていた試合がやっと実現するので、ぜひ会場へ足を運んで見に来てほしい。必ずいい試合をする。私がKOするだけなので見に来て応援してほしいね」と、自分がK-1王者になる姿を見に来て欲しいと語った。

【関連記事】