Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元ブラジル代表FWの妻、死の脅迫や人種差別を受けていた過去明かす

配信

SPORT.es

先月、アメリカのミネアポリスでアフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイド氏が警察官の暴行によって死亡した。この事件を機にアメリカから世界中へ人種差別抗議活動が広がっている。 400万円で植毛したルーニーの髪型が... 元ブラジル代表FWルイス・アドリアーノの妻であるエカテリーナ・ドロシュコ氏は、昨年結婚した際、死の脅迫を受けたことをSNS上で明かし、人種差別抗議運動を支持している。 2019年の夏に、夫であるアドリアーノがブラジルのSEパルメイラスに移籍。ドロシュコ氏は同国へ旅行に行った際に人種差別を受けたようだ。 「最初は、ブラジルのサッカーの試合に行ったときに、人々は私を軽蔑して、『ほら、ロシア人が来たぞ』と叫んでいた。それから毎日、私が黒人と結婚しているのを理由に、長い間、命を脅かすようなメッセージや、親が病気になってほしいと願うようなメッセージが届いた」 この状況についてドロシュコ氏は 「世界で起きていることで心が痛む。世界観を教えてくれた両親や教育に感謝しています。私は肌の色や髪の色、身分によって人を分けたことはない。私たちはみんな同じなのです」とコメントを残している。

【関連記事】