Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TVドラマコラムで連載10年 吉田潮が振り返る“超主観”部門別ベスト3

配信

デイリー新潮

 本誌(「週刊新潮」)連載の名物コラム「TVふうーん録」が、いよいよ500回目。これを機に、コラム執筆者の吉田潮氏が過去10年を振り返り、イラスト登場回数ランキングや超主観に基づくドラマの部門別ベスト3を発表。十年一昔と言うが、その俳優陣の顔ぶれとは如何に――。

 10年。人間で言えば、生まれてから小学校4年生になり、一端(いっぱし)の持論を展開するようになる年月。ウイスキーであれば熟成して価格が1・5倍になり、家電製品なら買い替え時になる。そんな長期間、連載を続けることができて本当にありがたい。どこの馬の骨ともわからぬ雑草ライターに、下手糞にもほどがある絵まで描かせてくれて、新潮社からは本を出してもらえず、昇給も10年で1回のみとはいえ、心から感謝している。  この10年の間に東日本大震災が起こり、政治は腐敗し、私も3度目の結婚をし、うっかり骨折して絵を休載したり、愛猫が20歳で他界し、我が父は老人ホームに入り、そしてコロナ禍。テレビはかつての魅力も波及力も失い、くすぶっている。  サプリや健康食品のCM(胡散臭い社長本人が登場するものが多い)を繰り返し流し、SNSで跳ねた動画や写真を堂々と放送する。雑誌のスクープを後追いするかと思いきや、大手事務所や政権に忖度してか一切触れず。普段目にするネットニュースやSNSとは別世界。違和感を通り越して「乖離」を感じる。女性蔑視が根本体質の芸人番組や小動物動画の寄せ集め番組も観る気がしない。バラエティ番組を観なくなり、ドラマだけを執拗に漁る毎日。  もちろんドラマも課題は山積み。数字狙いの医療・警察・弁護士モノ連発による食傷の蔓延、同じ顔触れの主演俳優当番制度、アイドル優先・中身軽視、芝居の技量よりも姑息な話題作りやフォロワー数で決めるキャスティング。でもドラマだけは廃れてほしくない。  そこで、密かに死守していこうと思うことが3つ。一見賞賛の提灯記事に見えるが、実は1ミリも褒めていない、むしろ限りなく茶化すという愉しみを提供して、テレビドラマ離れを阻止すること。話題にならなくても役者の技量が光った秀逸なシーンは全力で喧伝すること。妄想キャスティングで脳内二次創作を愛でる悪趣味を広めること。そんなコラムを目指そうと思う。

【関連記事】