Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

北村匠海の偏愛サウナ紀行 “整い欲”とルーティンで「宇宙まで飛んでいける」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 実力派俳優としての道を着実に歩む北村匠海さん。『とんかつDJアゲ太郎』『さくら』と映画の公開も控える一方、ダンスロックバンドDISH//のフロントマンでもあり、その活躍はまさに飛ぶ鳥を落とす勢い。とにかく多忙な彼にとって、大きな癒やしになっているのが“サウナ”。とてつもなく情熱的なサウナへの愛の持ち主です。「宇宙に飛んでいく」「“整い欲”は三大欲求」など、独特のサイケデリックさがたまらない「北村語録」とともに、いざディープなサウナ・ワールドへ迷い込みましょう……! 【動画】北村匠海のサウナシーンも…DISH//『SAUNA SONG』MV

■「一周目は10分、二周めは11分、三周目は12分」――整うための“マスト”ルーティン

――DISH//として『SAUNA SONG』をリリースしたくらいに、サウナを愛する北村さん。サウナに入る際、「これがあればさらに整う(リラックスした、気持ちのいい状態が訪れる)」「これは外せない!」ということは?  まず、サウナ前には絶対カレーを食べます。だいたいスパイス強めなインドカレーを食べます。そこで汗をかいて、なんならそれで一回整うくらいの気持ちです。あとは蓄積された疲労と欲望。疲れていれば疲れているほどいいんです。  “整いに行く”っていうマインドも超大事で、「気持ちで持っていく部分」があるんですよ。気持ちよくて何もかも忘れられるしスッキリするんだけど、心が追いついていないとたまに「あれ?」みたいなときがあるんです。  サウナにあまり行かない人からしてみると、サウナに入る意味があんまりよくわからないみたいで、「何してるの?」って言われることが結構あります(笑)。でも僕は“整い欲”を三大欲求に入れていいと思っていて。もう癒やしって言葉の語源はこれか!っていうくらい、サウナに入って水風呂して外気浴しての1周目とか、とんでもない感じになります。なんかもう、全部いいやって(笑)。何もかも忘れられるし、脳に詰まっていたものがパーって消える感じっていうか。 ――人間の三大欲求に……! そのルーティンを何周かするんですか?  僕は3周します。1周目はサウナが10分、水風呂は羽衣を着るまで、外気浴は乾くまで。2周目はサウナが11分、最後は12分に延びますね。 ――3周。1分ずつ延ばすんですね。  サウナの中にある時計が12分時計なんですよ。整い終わるときに、その時計が1周しきったところで終わる気持ちよさがあるので、そう決めています。水風呂も正直温度にもよるんですけど、池袋の「かるまる」だと一番低い10度以下のと、14度くらい、その上の25度くらいで、整い方が全然違うんです。1周目は一番低いのに入ってキンキンに冷やして、2周目はちょっと休憩で25度、最後は14度。今のご時世、久しく入れていないですけど、いいですよね。  抽象的な言葉が多くなっちゃうんですけど、毎日の「はあ疲れた、寝よ」っていうポツポツと続く日々が、サウナに行くと全部線になる感覚なんですよ。毎日の点が、「おつかれー!」ってまっさらに繋がる感じ。

【関連記事】