Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

安斉かれん、歌手決断のきっかけは大原櫻子 憧れ過ぎて“ボブヘアー”にした高校時代

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

【特集 安斉かれん】独占インタビュー(4) 「歌手決断ソング」は大原櫻子「ちっぽけな愛のうた」

 ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)のアユ役で一躍脚光を浴び、注目の存在となった歌手・安斉かれん。7月22日に配信リリースした新曲「僕らは強くなれる。」も絶好調の彼女の魅力を解き明かすインタビューシリーズ。4回目のテーマは安斉かれんの「歌手決断ソング」。彼女に影響を与えた歌とは? 【写真】花柄ミニでポーズをきめる・・・安斉かれんの全身ショット(パート3) ――今回のテーマは安斉かれんの「歌手決断ソング」です。どんな曲に影響を受けたのでしょう? 「これはですね。……大原櫻子さんの『ちっぽけな愛のうた』です」 ――なんと大原さんの歌が歌手決断のきっかけなんですね。 「はい。高校生の頃から歌を習い始めたんですけど、実はそれまでJポップをあまり聞いてこなかったんです」 ――吹奏楽部ではクラシックやジャズ、それとロックが大好きなお父さんの影響もあったんでしょうね? 「はい。それで歌を始めてからJポップをたくさん聞くようになって、そのタイミングで櫻子さんがデビューして。櫻子さんを見た瞬間『超かわいい!』って。それから歌のレッスンでも友だちとカラオケに行っても、いつも櫻子さんの曲を歌っていて、櫻子さんに憧れて“ボブヘアー”にしたこともあったんです。それぐらい大好きで、この曲はその中でも思い出の歌なんです」 ――先日ダウンタウンさんの番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で共演ではなかったですが、大原さんとかれんさんが同じ回にゲスト出演されてましたよね。 「そうなんです。すごい偶然で、実は収録前にちょっとだけご挨拶ができて……超うれしかったです!(笑)」 ――すごい偶然ですね。ダウンタウンさんにお会いしたときはいかがでしたか? テレビを見ていたらすごくニコニコして全然緊張してる様子はなかったですね。 「いえいえ。収録直前まで、めっちゃ緊張してたんですよ。でもほんと皆さんすごく優しくて、楽しかったです。私はサーモンが大好きなんですけど目の前にサーモンのお料理を出していただいて、それがとっても美味しかったので収録しているのに思わず食べすぎちゃいました(笑)」 □安斉かれん 1999年生まれ。神奈川県藤沢市出身。「ポス(ポストミレニアル)ギャル」と呼ばれる次世代型ギャルの一人。渋谷の人気ショップ「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」で店員として働きながら、デビュー前から多くのファッション・メディアに登場し、コスメティックブランドM・A・Cの店頭コレクションビジュアルにも採用される等、徐々に注目を集める。令和元日の2019年5月1日「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でavexよりデビュー。20年7月22日、5th SINGLE「僕らは強くなれる。」配信リリース。

ENCOUNT編集部 福嶋剛

【関連記事】