Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

盗まれやすい車には共通する特徴が存在!? 自動車盗難から愛車を守る方法とは

配信

くるまのニュース

年間7000台以上が自動車盗難の被害に

 昔より数が減ったとはいえ、依然として自動車の盗難被害は起きています。大切にしている愛車が突然消えてしまうというのは、もはや悪夢としかいいようがありませんが、自分は大丈夫と甘く考えていると、いつクルマが盗まれるとも限りません。 【画像】盗まれやすいクルマとは!? 実車を画像で見る(10枚)  海外で知らぬ間に売りさばかれてしまうリスクもあります。いったい、どのようにして対策するのが良いのでしょうか。

 今回紹介する、自動車盗難の現状と有効な対策法は、警察庁や財務省などの官庁と、自動車関連のさまざまな社団法人で構成される『自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチーム』(以下、官民合同プロジェクトチーム)によるデータや解析がベースとなります。 ※ ※ ※ 「自動車盗難」と聞いても、あまりピンとこない人も多いかもしれませんが、治安がいいといわれる日本でも実際に起こっている犯罪です。  2011年の2万5238件をピークに年々減少傾向にありますが、2019年でも7143台が盗難被害に遭っています。  官民合同プロジェクトチームが発表するデータによると、2019年の内訳としては、キーを挿したままでの盗難は1801件、キーを抜いた状態が5342件です。  オーナーが長時間クルマから離れたのを見計らって盗難されているという現状が推測されます。  また車両本体の場合だけでなく、近年では高額な装備のカーナビや、ほかの犯罪への転用目的でナンバープレートの盗難もあるといい、なにが盗まれるか分からない状況です。  また官民合同プロジェクトチームの見解としては、犯罪グループが組織的にクルマを盗み、「ヤード」と呼ばれる保管施設へと運び込んで解体された後、海外へ不正に輸出されるパーツにされたり、盗難車のパーツをほかのクルマと合体させることで経歴的にはまっさらなクルマとして再登録されてしまうケースもあるといいます。  さらに300万円以上の高額車の比率も高まってきており、自宅や出先の駐車場で駐車している高級車なども、盗難グループにターゲットとして狙われていると警告されています。  次に、どんなクルマが盗まれやすいのか、どんな地域で自動車盗難が起きているのかを見ていきます。  まず、2019年のデータをもとに、盗難の被害に遭ったクルマを車種別に説明します。  意外に感じる人もいるかもしれませんが、1番盗難被害が多いのがトヨタ「プリウス」で793台。2番目がトヨタ「ランドクルーザー」で654台、3番目がトヨタ「ハイエース」(兄弟車の『レジアスエース』を含む)で368台。  4位がレクサス「LS」で272台、5位がトヨタ「アルファード」で261台となっています。  レクサスを含めて5位まですべてトヨタ系という結果になりましたが、盗難車として売りさばく場合、国内だけでなく海外でもトヨタ人気が高いという証拠でしょう。  さらに、ランドクルーザーやハイエース、アルファードなど、大型SUVやミニバンが狙われている傾向が見て取れます。  LSなどの高級車は、セキュリティもしっかり装備されているにも関わらず盗難被害に遭っているということから、最新のセキュリティ対策が施されたクルマでも盗まれる可能性があるということがわかります。  また、この自動車盗難は、いくつかの特定地域での発生率が高いことが判明しています。地域別で見ると、茨城県、大阪府、千葉県、愛知県、埼玉県、神奈川県といった順で、盗難被害が集中していることが報告されています。  特定地域の多くに共通する特徴としては、「都市部につながる大きな幹線道路があること」「同じく大きな幹線道路が(海外へ輸出便が発着している)港まで続いていること」「工場や倉庫などが多いこと」「交通量も多く人も多い割に歩いている人よりクルマ利用が多いこと」、といったところ。  盗んだ後すぐに海外に持ち出せるのに便利なエリアで被害が多いようです。  自分の愛車の駐車場が上記に該当するような場合は、よりセキュリティの高い防犯対策を考えておいてもいいかもしれません。 ※ ※ ※  人だけでなくクルマの数も多い東京都ですが、地域別では10位にも入っていません。  これは駐車場がある建物自体の最新設備が整っており、またセキュリティカメラなどや歩行者(=目撃者)も多く、深夜でもパトカーなどが巡回する率も高めだから、ということが要因として考えられます。

【関連記事】