Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

好調の Amazon でも、その全収益は コロナ対策 へ消える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

Amazonでさえ、新型コロナウィルス感染拡大のしわ寄せを感じている。 第1四半期の報告書によれば、同社の純売上高は前年比26%増の755億ドル(約8兆円)であり、アナリストの予測した736億1000万ドル(約7.8兆円)を上回った。にもかかわらず、収益はやや低下し、今四半期の営業利益は40億ドル弱(約4350億円弱)と、前年の44億ドル(約4675億円)に届かなかった。原因はおそらく、新型コロナウィルスの世界的蔓延のなか、インターナルサプライチェーンの強化に投資せざるを得なかったことにあると思われる。 しかも、経済的打撃はこれで終わりではない。CEO/創設者ジェフ・ベゾス氏はプレスリリースのなかで、今期の収益はすべて自社のために費やすと語った──「40億ドルの全収益を、いや、おそらくはそれ以上の額を商品の配送や従業員の安全など、COVID関連の費用に当てることになる」。これには、従業員の健康を守るための適切な防護の充実、時給の引き上げ、検査の全社的徹底などが含まれる。ウォールストリートにしてみれば、この発表はぞっとしないものであり、時間外取引において、Amazonの株価は5%近く下落した。

コア事業の強化

Amazonは過去の収益報告においてつねに、意欲的な拡大や現在の支配的地位の維持に向けたムーンショット目標にフォーカスしていた。だが今回のそれは、パンデミックと不安定な経済状況への言及一色に染められていた。同社は従業員──倉庫とホールフーズ(Whole Foods)の双方──の健康を守るために講じている安全対策を強調。従業員用のマスク1億枚と、数千個の体温計および体表温度検知カメラを購入したと報告している。 Amazonはさらに、需要増への対応策として積極的な雇用政策も打ち出しており、配送およびフルフィルメントネットワーク用に17万5000人の新規採用を発表し、すでに雇用を開始している。

【関連記事】