Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

調味料はみそだけ。鶏肉とカボチャ、ニラの簡単フライパン蒸し

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

暑い夏は、「台所に立つのがツライ」「バテて食欲がないのに献立を考えないといけない」…など、料理をする上で悩みが多くなりますよね。 そんなときに便利なのが、料理研究家の近藤幸子さんが考案する、“フライパン蒸し”おかず。蒸し時間は立ったの8分。使う食材は3つ、調味料は1つだけで下味はフライパンの中でつけるので、とってもラクチンなんです。 今回は、鶏肉を使ったみそ味の“フライパン蒸し”おかずをご紹介します。

8分蒸すだけ!みそ味でご飯がすすむ超時短レシピ

今回使う食材は、鶏モモ肉2枚(400g)+かぼちゃ1/4個(200g)+ニラ1束の3つ。ご飯がすすむみそ味はニラの風味がアクセントになってくれます。 味変え(食材は同じ分量で塩なら小さじ1、しょうゆなら大さじ3)も、食材の組み合わせも自由に変えてOKなので、家にあるものでつくれるのも魅力です。

●鶏肉とカボチャ、ニラのみそ蒸し

【材料(4人分)】 ・鶏モモ肉 2枚(400g) ・カボチャ 1/4個(200g) ・ニラ 1束 ・みそ 大さじ2 ・水 大さじ5 【つくり方】 (1) 鶏肉は1枚を8等分に切り、厚い部分は切り込みを入れる。フライパンに入れ、みそをもみ込む。 (2) カボチャは皮つきのまま2cm角に切る。ニラは5cm長さに切る。 (3) (1)のフライパンの肉をところどころ寄せて隙間をあけ、(2)のカボチャをフライパンの底面に直接触れるように入れ、上にニラをのせる。 (4) 分量の水を加え、フタをして中火で8分蒸し煮する。全体に火がとおったら器に盛る。 [1人分272kcal] <料理/吉田愛 撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部> ●教えてくれた人 【近藤幸子さん】 料理研究家、栄養管理士。2児の母でもある。簡単レシピが人気で、料理教室「おいしい週末」を主宰。近着に『味が決まる! レシピがいらない中火で8分蒸し』(家の光協会刊)

【関連記事】