Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新型コロナ>イオン羽生店、ネット注文した商品を駐車場で渡すサービス開始 ネット上には商品4万点揃う

配信

埼玉新聞

 イオンリテールは、1日から羽生店(埼玉県羽生市)でネットスーパーとドライブスルーの機能を掛け合わせた新サービス「ネット予約店頭受け取り」を始める。ネットスーパーで注文した利用者が商品を店舗の駐車場で受け取るサービスで、同社によると同様のサービスを行うのは、大手小売では珍しいという。新型コロナウイルス感染拡大で、需要が拡大するネット注文の宅配業務の低減や、店内で人と人との接触機会の抑制を促進。同店商圏で競合する店舗との差別化も進め、月間600件以上の利用を目指す。 <新型コロナ>お持ち帰り弁当に注力、老舗うなぎ割烹「高橋屋」前向き SNS駆使、真空パックも全国配送

 イオンネットスーパーでは食品、衣料、寝具、小型家電など約4万点を扱う。基本的には注文すると、最速3時間後に店舗から自宅に配達される。  通常のネット注文を行う際には、会員登録時にあらかじめ配達店舗を設定する。羽生店の新サービスは同設定、または店舗での受け取りを登録する必要がある。  新サービスの受け取りは1日2回の時間帯があり、当日午前9時までに注文すれば正午から午後3時、午前9時から正午までの注文は午後3時から同6時までの間で受け取れる。受け取り場所は店舗北側にある駐車場内にある。  新型コロナ感染拡大で外出自粛が進みつつ、食品や日用品の需要も伸長し、家の中で消費する「巣ごもり消費」が拡大。同需要の商品をネットスーパーで注文する件数も急増し、羽生店扱いのネット売上は「4月は前年同月比で1・6倍、会員数は9400人となり同比2倍に増加している」(矢後資彦店長)という。  ネットスーパーの配達は外注業者で、1日4便出しているが、注文が急増し「対応が追い付かない注文も出てきており、利便性を高めたかった」(同)。そのため注文品を確実に渡すことを重視しつつ、商圏の半径10~20キロの競合他社との差別化も図ろうと、導入の検討を進めてきた。

 30日の正午から事前のテスト期間に注文した利用客が来店し、購入品を引き取った。酒類や食品などをまとめ買いした加須市の男性会社員(47)は「事前に注文すれば、車に積み込むところまで対応してもらえて便利。また利用したい」と話した。  同社では新サービスを「密閉・密集・密接」を抑え、店内での人同士の接触軽減の一助にもなると説明する。同社では羽生店での取り組みのノウハウを蓄積し、なるべく早い時期に埼玉や北関東3県の店舗、計5~6店舗で実施する方針。

【関連記事】