Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「仮面ライダーゼロワン」高橋文哉、田中圭主演ドラマで優等生役 新キャスト5名発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 「仮面ライダーゼロワン」の高橋文哉が、田中圭主演のテレビ朝日系新ドラマ「先生を消す方程式。」(10月31日スタート、毎週土曜11時~11時30分)に出演することが19日、明らかになった。本作は名門私立高校のいわくつきのクラスを舞台にした学園ドラマで、高橋は学園一の優等生にふんする。高橋のほか、同日発表された生徒役キャストに、久保田紗友、森田想、高橋侃(なお)、新人の秋谷郁甫ら。 【動画】令和初の仮面ライダー、高橋文哉の素顔に迫る  本作は、ドラマ「M 愛すべき人がいて」などの鈴木おさむがオリジナル脚本を手掛けるサスペンス。田中演じる笑顔を絶やさない数学教師・義澤経男(よしざわ・つねお)が、担任教師が次々に退職に追い込まれていった3年D組の担任に自ら志願し、命を狙う生徒たちと対峙していく。

 高橋演じる藤原刀矢は、父親が検察のトップという超エリート。クラスの中で唯一担任の義澤側に寄り添い、義澤を追い詰めようとする生徒たちを止めようとする役どころ。

 高橋は、主演を務めた「仮面ライダーゼロワン」が8月に最終回を迎えたばかり。出演決定に、「20歳までに学園ドラマに出演するのが目標だったので、『仮面ライダーゼロワン』という大きな作品を終えた今、夢が叶ってうれしいです。今回はライダーと違う視点で“正義”とは何か、伝えていきたいと思います」と意気込みを語る。

 また、「M 愛すべき人がいて」で主人公をライバル視する玉木理沙を熱演した久保田紗友が、人気インフルエンサーでありながらどこか達観している長井弓(ながい・ゆみ)に。森田想が、スクールカーストの上位でいることにしがみつこうとする大木薙(おおき・なぎ)に。元美容師でモデルとしてミラノコレクションにも参加した高橋侃が、暴力で生徒を支配しようとする剣力(つるぎ・りき)役で演技初挑戦。16歳の現役高校生・秋谷郁甫が、物語の重要人物となる引きこもりの生徒・伊吹命(いぶき・めい)を演じる。

 キャスト5名のコメント全文は下記の通り。(編集部・石井百合子)

【関連記事】