Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

柿谷の“天性のタッチ”をG大阪エース宇佐美が絶賛 「おしゃれ」「難易度が伝わり辛い」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

【宇佐美貴史×柿谷曜一朗“天才対談”|第4回】宇佐美が大阪ダービーで見せた柿谷の“推し”プレーを解説

 大阪の宿敵2チームが誇る“天才”同士の対談が初めて実現した。新型コロナウイルスの影響でJリーグが中断するなか、ガンバ大阪FW宇佐美貴史とセレッソ大阪FW柿谷曜一朗が、オンラインでFootball ZONE webの独占インタビューに応じた。アカデミー出身で幼少期から“天才”と呼ばれ、各年代別の日本代表でも活躍し続けてきた2人。G大阪とC大阪という強烈なライバル関係を持つ両クラブのエースは、互いのプレーをどのような目で見てきたのか。連載第4回では柿谷のプレーについて、宇佐美が”解説“する。 【動画】宇佐美が「おしゃれアシスト」と絶賛! C大阪FW柿谷、“天性のタッチ”からゴールを演出した瞬間  まず、柿谷が見せた“らしさ”の詰まるプレーは2019年11月9日の第31節湘南ベルマーレ戦(1-0)、前半17分のシュートだ。C大阪は右サイドからMF水沼宏太が切り込み、ペナルティーエリア外のMFソウザへマイナスのパス。これをソウザがダイレクトでミドルシュートを放った。低い弾道のシュートは相手DFの伸ばした足に当たるも、ボールに詰めていた柿谷がシュート。惜しくも枠はとらえられなかったが、宇佐美はこのシーンに注目した。 宇佐美「俺、好きやねんな、狙っていたの?」 柿谷「(ミドルシュートを打ったのが)ソウザやからやけどな」 宇佐美「(ミドルが)外れたらこっち(柿谷のところ)に外れてくるみたいなことじゃないですか。FWの嗅覚みたいなんが好き」  さらに、宇佐美の声色が変わり興奮した様子を見せたのが、奇しくも自身が出場していたG大阪とのダービー。宇佐美と柿谷の初対戦となった19年9月28日の第27節、2-0でC大阪がリードしていた後半11分の場面だ。攻め上がったFWブルーノ・メンデスのこぼれ球をすぐさま受けた柿谷は、G大阪の元日本代表MF井手口陽介と対峙するも左足のアウトサイドでコントロールしてあっさりとかわし、中央へふわりとパス。走り込んだ水沼がダイレクトのジャンピングボレーで決めて、ダービーで7年半ぶりの勝利を引き寄せた。

【関連記事】