Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

図書館を占拠したホームレスの奮闘描く「パブリック」7月に公開

配信

映画ナタリー

エミリオ・エステヴェスが監督・主演を務めた「パブリック 図書館の奇跡」が、7月より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開される。 【写真】「パブリック 図書館の奇跡」(メディアギャラリー他10件) 本作は公共図書館を占拠した約70人のホームレスと、騒動に巻き込まれた1人の図書館員スチュアートの奮闘を描くヒューマンドラマ。記録的な大寒波の到来により凍死者が続出する中、ホームレスの人々は生き延びるため図書館のワンフロアを占拠する。苦境を察したスチュアートは“代わりの避難場所”を求める平和的なデモとして行動をともに。しかしメディアのセンセーショナルな報道やイメージアップをもくろむ検察官の偏った主張によって、スチュアートは占拠の首謀者に仕立てられてしまう。やがて警察の機動隊が出動し、彼らは苦境に立たされていく。 ある新聞記事に着想を得てから、およそ11年の歳月を費やして映画を完成させたエステヴェスが自らスチュアート役で主演。アレック・ボールドウィン、テイラー・シリング、クリスチャン・スレーター、ジェフリー・ライト、ジェナ・マローン、マイケル・ケネス・ウィリアムズ、チェ・“ライムフェスト”・スミスが脇を固めた。場面写真では本棚や椅子を重ねて作られたバリケードや、突入寸前の警官隊の姿などを確認できる。 (c)EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【関連記事】