Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉田類/東京もつ焼き酒場ベスト5〈もつ焼きはどんな時でも“大衆の味方”。自粛要請が明けたら行きたいあの名店〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

配信

文春オンライン
吉田類/東京もつ焼き酒場ベスト5〈もつ焼きはどんな時でも“大衆の味方”。自粛要請が明けたら行きたいあの名店〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

吉田類さん

 酒場詩人の吉田類です。新型コロナウイルスの影響で、酒場もまた大変な状況に陥っています。僕の馴染みの多くの店でも、客足が一段と途絶え、予約キャンセルが相次ぎました。夜の街は、どこも寂しくなってしまったようです。  2003年から続く、僕の冠番組「吉田類の酒場放浪記」(BS-TBS 毎週月曜21時~)の収録は、繁華街を避けるなどして続けています。しかし収録現場でもあまり他のお客と会話することができなかったり、葦いに来てくれたファンやお店の方と握手することもできないなど、窮屈な状態が続いています。2月に故郷の高知県で酒宴パーティーをやった時は返杯は禁止。今となって考えると、あれはイベントが開けるギリギリのタイミングでした。  僕に限らずみなさん、自粛疲れでストレスが溜まっているように感じます。呑兵衛仲間からも、酒場で呑めないなら外でバーベキューをやろうとかいろんな話がありましたが、結局すべて延期しました。ですから、いま僕は4半世紀以上続けてきた酒場での一人呑みは少しお休みして、自宅のアトリエで、飼っている猫と「家呑み」をしています。故郷・高知の銘酒なら、最近人気の「南」をはじめ種々の銘柄もあるし、これはこれで楽しいのですが、近くの公園に咲く満開の桜を窓越しに眺めながら呑んでいると、「あの立ち呑み屋で桜を見ながら、1杯やりたかったな」といった思いも募ってきます。  2011年の東日本大震災の後、自粛ムードと福島県産の食べ物への風評被害が広がったのを覚えている方も多いと思います。僕はあの時、自粛はせずにむしろ福島のお酒を呑み、特産品を食べて、福島を応援しようという呼びかけを行いました。これには多くの賛同をいただいて、その年の5月には大きなイベントも開くことができ、「呑むことで応援しよう」が僕ら呑み仲間の合言葉でした。今も続けています。  今回もピンチに陥っている酒場を元気づけたいという思いがあります。しかし相手は目に見えないウイルス。「こんな時こそ呑みに行こう」とも言えません。  ただ、このコロナ禍もいつかは終息に向かうでしょう。その時は、まず一番に僕は酒場に行きたい。「大変だったねえ」と言いながら活気を取り戻したお店で酒を呑めたら、これ以上の喜びはありません。  今日はそんな時がいち早く来ることを願って、コロナ禍が明けたら真っ先に行きたい「一人呑みに最適なもつ焼きのお店」を紹介したいと思います。少しフライング気味かもしれませんが、こうした話をすることでわずかでも飲食店にエールを送れたらと思っています。

本文:7,403文字

写真:5

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

吉田 類/文藝春秋 2020年5月号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます