Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自転車競技で全国2冠の若き逸材 静岡北高・日高裕太選手が練習再開「インターハイ中止は悔しいが…」 静岡市

配信

静岡朝日テレビ

 自転車競技で全国トップレベルの選手を輩出している強豪・静岡北高校。2日から練習を再開しました。  部をけん引するのが主将の日高裕太選手。日高選手は去年の全国選抜・スプリントの部、そして、インターハイを制し 全国2冠を達成した若き逸材です。 日高裕太選手:「部活動が再開できて、ほっとしている。自粛期間中も、家で出来るトレーニングをしていたので、感覚を取り戻すには、良かった」

目標のインターハイ中止で悔しい

 今年、部の悲願のインターハイ総合優勝を目指していましたが、新型コロナウイルスの影響で中止。 日高選手:「インターハイ総合優勝を目標にやっていたので悔しいですが、それを受け継いでもらうためには、まだまだ力が足りないので、より一層 全員がレベルアップしてもらいたい。自転車は、言葉で伝えきれないことが多いので、(後輩には)自分の練習方法などを見てもらって、自分に足りないものが何かということを最初に探してもらいたい」

目標は競輪選手

 主将としての責任を果たすことともう一つ、日高選手にはがんばる理由があります。 日高選手:「自分も(競輪)養成所の入学試験に受からないといけないので、自分の練習をしつつ 新入部員の育成に努めたい」  日高選手の目標は 競輪選手になること。自分と部の目標を重ね合わせ、ひたむきにトレーニングを行う日高選手。 日高選手:「自分が引退するまでに伝えることは(後輩に)伝えていきたい」  そしてさらに その先も… 日高選手:「後輩たちが自分のレースを見て、強くなってカッコいいと思ってくれたら、うれしいです」