Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤングブラッドが11月13日に約2年半ぶりのニュー・アルバム『ウィアード!』をリリース

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
E-TALENTBANK

2020年代を担う、イギリス出身23歳の新世代ロック・スター ヤングブラッドが、約2年半ぶりとなるニュー・アルバム『ウィアード!』を11月13日にリリースすることを発表した。 また同時に、ニュー・アルバムより先行シングル「god save me, but don’t drown me out」を解禁した。つい先々週、ブリング・ミー・ザ・ホライズンとのコラボ・シングルをリリースしたばかりのヤングブラッドによるニュー・アルバム発売決定とニュー・シングルのリリースと、ファンにとっては嬉しい悲鳴だ。 ヤングブラッドは新曲「god save me, but don’t drown me out」を、以前から一緒に曲作りをしているChris Greatti(グライムス)とZakk Cervini(マシン・ガン・ケリー)の2人と共に作り、プロデュースした。「神様僕を助けて、でも消さないで」を意味する同曲でヤングブラッドは、同世代の若者が暮らしの中で日々痛感している大人たちからのプレッシャーなどについて、赤裸々に歌っている。 自身にとって2枚目となるニュー・アルバム『ウィアード!』は、ロンドンとロサンゼルスの2ヶ所を拠点に置き、制作したという。アルバム制作を共にしたのは、前述の2名と、Matt Schwartz(ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン、マッシヴ・アタック)の計3人。ジャンルを自由に右往左往する音楽性が魅力であり武器であるヤングブラッドは、今作でも、クイーンからインスピレーションを受けたというハーモニーや、ビートルズのようなコード進行、そしてダンス・パンクやグラム・ロック、ヒップホップにメタルなど、様々な音楽的要素をちりばめた作品を完成させた。 ヤングブラッドの2枚目となるアルバム『ウィアード!』は、11月13日(金)発売予定。また今作、初の日本盤CDのリリースが決定。日本盤の詳細は、近日発表予定とのこと。

株式会社イータレントバンク

【関連記事】