Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

加藤綾菜が介護資格取得「結婚しただけで嫌われた女」が賞賛されるまで

配信

週刊女性PRIME

 ちょっとしたきっかけで、好かれたり嫌われたりする芸能人。つい最近も、お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(47)が、『週刊文春』に“テイクアウト不倫”を報じられ、世間に不快感をまき散らした。 【写真】23歳の妻にキスする、68歳のカトちゃん  不倫などが暴かれると、ワイドショーやネットなどでまずは叩かれ、そのうち「そろそろいい」とか「家庭の問題だからそっとして」などと、かばう声が上がり、いつの間にか世間の関心が次に移り、しばらくしたら世間も「もういいじゃない」という空気になり、元のポジション、あるいはそれに近いポジションに戻ることもある。

結婚当時、加藤茶68歳、綾菜23歳

 不倫で叩かれまくったタレントのベッキー(36)、女優の斉藤由貴(53)も、いつまでも不倫報道が足かせになることはなかった(多目的トイレで女性との行為に及んだ渡部に、浄化の手立てがあるのかわからないが)。  この人のケースは、これと言った問題を起こしたわけではない。単に結婚をしただけなのに、世間のあらぬ誤解を招き、バッシングの対象になってしまった。  タレントの加藤綾菜(31)。夫は大御所タレント、加藤茶(77)だ。  2011年に結婚したが、その際の世間やネットの反応は、嫉妬が入り混じり、すさまじいものだったという。 「ネット上に妻の素性が、どんどんさらされました。新型コロナウイルスの感染者のプライバシーを暴く、コロナ禍における自粛警察に近いものです。住所や親きょうだいの情報がダダ洩れになり、引っ越しする事態に追い込まれたこともありました」(スポーツ紙芸能担当記者)  やっかみの元になったのは、45歳という年の差。結婚当時、夫68、妻23。 「その年齢差の事実だけで、財産目当て、保険金目当てと決めつけられました。例えそうであったとしても、きちんと物事の判断をできる加藤茶が合意しているわけですから、何の問題もないはずですが、世間の空気というのはどうも、おいしい思いをする人間に厳しい。それは嫉妬に近いもので、好感度で売っていたベッキーの不倫も、嫉妬のエネルギーが働いたと思います」(前出・スポーツ紙芸能担当記者)

【関連記事】