Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】ペインクリニックは痛みをとるだけ? 根本治療はしてくれないの?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

ペインクリニックは、どんな痛みにも対応してくれますが、痛みそのものの原因となる病気や怪我などの根本治療にはどう関わっているのでしょう。痛みを緩和する治療法の具体的な内容から、治療への取り組み方など、患者の痛みに寄り添う治療を実践されている「どばし泌尿器クリニック」の土橋富美子先生に解説いただきました。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 土橋 富美子先生(どばし泌尿器科クリニック) 日本大学医学部卒業。国際医療福祉大学熱海病院麻酔科、国際医療福祉大学講師などを経て、2019年9月に熱海市にて「どばし泌尿器科クリニック」を夫婦で開業し、ペインクリニック内科を担当。日本麻酔科学会認定麻酔科専門医、日本ペインクリニック学会認定ペインクリニック専門医、緩和ケア研修修了。

治療は1.神経ブロック、2.理学療法、3.内服薬

編集部: 「痛み」をとってくれるペインクリニックですが、根本治療はしてくれないのでしょうか? 土橋先生: 痛みの原因が首の骨(頸椎)・肩や膝の関節・腰の骨(腰椎)など骨格の変性によるものである場合には、局所の炎症を神経ブロックで抑えることにより根本治療が可能です。手術をしなくても日常生活が送れるよう症状をコントロールしていきます。ただ、腹痛など内臓の痛みの場合は病気のサインであることが考えられるので、原因がどこからきているのかを探って、場合によっては専門医へご紹介します。一重に『痛み』と言っても原因は様々です。患者様それぞれに合った治療を選択、提案していきます。 編集部: ペインクリニックを訪れる患者さんに多いのは、どんな痛みでしょうか? 土橋先生: 多いのは、首や肩のこり、五十肩、腰痛、坐骨神経痛、膝の痛み、頭痛、帯状疱疹後の神経痛、肋間神経痛などですね。痛みの程度や原因、また生活の状況はさまざまですので、患者様のお話を聞いて、生活の質を少しでも上げるために痛みを緩和する、ということを目標にやっています。 編集部: ペインクリニックではどんな治療が主流ですか? 土橋先生: ペインクリニックでの治療は主に3種類で、1.神経ブロック(注射)、2.理学療法、3.内服薬です。神経ブロックとは、局所麻酔薬や抗炎症剤を神経の近くに針を使用して投与することで局所の痛みや炎症を軽減します。血流も改善するため、自己回復力を高めます。ただ、針を刺すということに抵抗がある方には、ウオーターベッドや低周波治療器といった理学療法を繰り返し行うことで痛みを緩和させる方法もあります。また、疾患によっては内服治療がメインになる場合もあります。 編集部: 「神経ブロック」と聞くと怖いイメージがありますが、リスクはないのでしょうか? 土橋先生: 使用する針は極力細い針を使用しています。予防接種で使用するのと同じ細さです。神経の近くに針を進めることによる神経損傷や感染のリスクはゼロではありませんが、神経ブロック施行の頻度を適切に守ること、患者さんの体調の悪い時の施行は避けることを遵守すればリスクはかなり低い治療です。 編集部: 治療には、飲み薬も使いますか? 土橋先生: はい。急性の炎症がある場合には消炎鎮痛薬を使用します。痛みが慢性的(3カ月以上)になり神経因性疼痛といって、坐骨神経痛や肋間神経痛、帯状疱疹後神経痛に代表されるような『しびれる』『ビリビリする』『時々ビーンとした痛みがある』といった症状の場合には、抗うつ薬や抗けいれん薬といった薬を使用します。複数の薬を漫然と内服しているだけでは副作用ばかりが出てしまうので、患者様と相談しながら必要最小限の処方を心がけています。

【関連記事】