Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ムーミン75周年を記念した『ムーミン コミックス展』 原画やスケッチ、約280点を初公開!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ぴあ

松屋銀座8階イベントスクエアでは、原作者トーベ・ヤンソンと弟のラルス・ヤンソンによる連載マンガの原画など280点以上を初公開する『ムーミン75周年記念「ムーミン コミックス展」』が、9月24日(木)から10月12日(月)まで開催される。 1945年にムーミン最初の小説『小さなトロールと大きな洪水』が発表されてから、今年で75周年を迎え、ムーミンたちの世界を描いた小説シリーズ、絵本、コミックは、今なお世界中の人々から愛され続けている。 原作者のトーベ・ヤンソン(1914~2001)は、フィンランドのヘルシンキに生まれ、15歳から画家、風刺画家、短編作家として活躍。1945年から25年間にわたって描き続けた「ムーミン」の童話シリーズで人気を博し、1954年にイギリスの新聞紙でコミックスの連載が始まると、20カ国以上で翻訳・出版され、ムーミンは世界的に知られるようになった。 同展は、そんなムーミンのコミックスに焦点を当てたもの。ムーミンコミックスは、最初はフィンランドの新聞で1947年から2年間、その後、1954年からイギリスの新聞での連載が20余年にわたり掲載された。 同展の「イントロダクション」では、ムーミン谷の仲間たちをトーベによる直筆ドローイング17点で紹介。第1章では、ムーミンコミックス連載に当たりトーベが描いたドローイング34点とスケッチ45点が展示される。 第2章では、弟ラルフの原画を紹介。トーベの弟ラルスは、15歳のときに冒険小説『トルトゥーガの冒険』でデビューし、ムーミンコミックスの連載が始まると、トーベとともにマンガの制作や英訳に関わり、1960年から1974年は一人で連載を続けた。また、テレビアニメ『楽しいムーミン一家』では、企画から制作までトーベとともに監修者として関わったという。 そんなラルスが手がけた52作品の中から、日本ではまだ出版されていない4作品の直筆原画180点を初公開。そのほか、ムーミンコミックスが掲載された当時の新聞や、1950年代にフィンランドのデパートに飾られていたムーミンとスノークおじょうさんの人形など、貴重な品々も見ることができる。 また、会場限定で販売されるグッズもムーミンファンならチェックしておきたい。コミックスの一コマがプリントされたTシャツやステンレスミニボトル、プレートセットやグラスなど、どれも手元に置いておきたくなる可愛さだ。 ユーモアたっぷりでコミカルながら、時に風刺的エッセンスもピリリと効いたムーミンコミックス。貴重な原画作品を通じて、改めてムーミン世界の魅力に注目してみてほしい。 【開催情報】 『ムーミン コミックス展』 9月24日(木)~10月12日(月)まで、松屋銀座8階イベントスクエアにて開催

【関連記事】

最終更新:
ぴあ