Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

笠井信輔アナ、退院後初のアナウンス室で集合ショット 現場にも完全復帰「やはり心躍りました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 フリーアナウンサーの笠井信輔さんが8月9日にブログを更新。悪性リンパ腫での闘病を経て、約8カ月ぶりに撮影されたフジテレビアナウンス室での集合ショットを公開しています。 【画像】渡辺アナと軽部アナとの3ショット(他1枚)  2019年12月から悪性リンパ腫の治療のために入院し、4月に退院していた笠井さん。6月には完全に寛解したことを報告し、まずは自宅からのリモートワークを中心に、徐々に仕事へ復帰していくと伝えていました。  退院してから約3カ月となる7月31日には、担当医師から「数値が安定しているので、もう普通に働いていいですよ」と許可されたため、本格始動することを報告。8月6日には、退院後初めて現場に復帰し、フジテレビの軽部真一アナとともにMCを務めているトーク番組「男おばさん!!」(CS)の収録に出演。スタッフや軽部アナ、笠井さんの代わりに出演していた渡辺和洋アナに感謝の言葉を送っていました。  9日には、6日にフジテレビのアナウンス室をたずねた際の集合ショットも公開。集まった中には、笠井さんのフジテレビ退社後に入社した新人アナの姿もあったそうで、「なんかお父さんみたいな気持ちになってニコニコしてしまいました」とうれしそうにコメント。自身が使用していたデスクはそのままの状態だったことも明かし、「いつでも戻れるって言うことですかね(笑)」と照れくさそうにつづっています。  他にも、レギュラー出演している情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)のスタッフルームにも足を運んだことを報告。笠井さんは「リモートワークの意義は深いけれどこうして局に行き、生身の人たちと交流ができる現場ってやはり心躍りました」と心境をつづり、「また早く行きたい! それが素直な感想です」と意欲をコメントしていました。

ねとらぼ

【関連記事】