Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「アン ドゥムルメステール」デザイナーが退任 ブランドの売却も模索

配信

WWD JAPAN.com

「アン ドゥムルメステール(ANN DEMEULEMEESTER)」のセバスチャン・ムニエ(Sebastien Meunier)=クリエイティブ・ディレクターが7月2日に退任した。同ブランドは新デザイナーを探すとともに、オーナーとなる企業も新たに模索しているようだ。 【画像】「アン ドゥムルメステール」デザイナーが退任 ブランドの売却も模索

ブランド獲得に名乗りを上げているのは、伊セレクトショップのアントニオーリ(ANTONIOLI)だ。オーナーのクラウディオ・アントニオーリ(Claudio Antonioli)は、ECサイト「ファーフェッチ(FARFETCH)」の子会社になった「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」を傘下に持つニューガーズグループ(NEW GUARDS GROUP)の共同創立者でもある。「アン ドゥムルメステール」とは交渉段階に入っているところで、「取引はまだまとまっていないが、夏の終わりまでには実現する見通しだ」とアントニオーリは話している。また、後任デザイナーについてのコメントは避けたが、“アントワープシックス(Antwerp Six)”のひとりとして知られるブランドの創設者、アン・ドゥムルメステールの復帰の可能性については否定した。

フランス生まれのムニエは自身のブランドを手掛ける一方で、「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」で経験を積み、2010年に「アン ドゥムルメステール」に加わった。アンの下でメンズ・コレクションのデザインを手掛け、13年にディレクターに就任。同年にアンがブランドを去ってからは、メンズとウィメンズの両コレクションを担当し、ブランドをけん引してきた。アン・シャペル(Anne Chapelle)最高経営責任者(CEO)は「ムニエが10年前にブランドに加わって以降、献身的に成し遂げてきた全てのことに感謝する」とコメントしている。なお、デザイナー退任以外の変更点については一切触れられなかった。 7月9~13日にオンライン形式で行われる21年春夏パリ・メンズ・コレクションの公式スケジュールに、「アン ドゥムルメステール」は名を連ねていない。スポークスパーソンは今後のコレクションやショーについて、「全てのことが進められているが、私たちが当面の目標にしているのは1月のコレクション発表だ」とコメントした。

【関連記事】