Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

注目歌手の鈴木瑛美子、亀田誠治との再タッグで新曲完成「私の声で最大限に表現」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

新作・配信EP「After All」リリースへ YouTubeチャンネルでは記念ミニライブ生配信も

 昨年メジャーデビューをした鈴木瑛美子が、デビューシングル「FLY MY WAY / Soul Full of Music」以来1年2か月ぶりとなる待望の新作・配信EP「After All」を10月28日にリリースすることが決定した。 【写真】1年2か月ぶりの新作が完成…鈴木瑛美子と亀田誠治氏のツーショット  今作のリード曲「After All」は、切なさと力強さをダイナミックに表現し、歌い上げたワールドクラスのバラードソング。鈴木の真骨頂となる伸びやかで力強い歌声が強烈な印象を残す渾身の一曲だ。  サウンドプロデュースは音楽プロデューサー亀田誠治氏が担当。メジャーデビュー前にリリースし話題となった、映画「恋は雨上がりのように」(小松菜奈/大泉洋 主演)の主題歌「フロントメモリー」(鈴木瑛美子×亀田誠治)以来2度目となる再タッグが実現した。  今作EPは「After All」の全英詞ver.を含む新曲4曲5バージョン入り。さまざまなジャンルの楽曲が収録されており、あいみょんなどの編曲を手掛けるトオミヨウ氏によるジャジーでソウルフルなサウンド「You gotta be」、渡辺善太郎氏プロデュースによる「Back Home」、Superflyやchayなどの楽曲提供で知られる多保孝一氏の作曲でゴスペルとロックが融合された「Hail! Mr.Happy Days」など、“アーティスト鈴木瑛美子”を存分に堪能できる仕上がりとなっている。  また、自身のYouTubeチャンネルでは、EPリリースを記念してミニライブ生配信も決定。9月27日午後8時~、10月18日午後8時~、10月27日午後8時~の3回だ。いずれもミニライブ終了後、サイン&お名前入れの模様を生配信予定。  亀田氏は「『フロントメモリー』をカバーした時、鈴木瑛美子さんはまだ高校生で、たしか制服姿でスタジオに現れたっけ。あれから3年。今回の曲はリモートでコミュニケーションをとりながら作りました」と明かし、「『After All』からあふれてくる瑛美子さんの歌は、光と影の両方を自由に行き来しています。それは『歌う』ことに自分を燃やす人だけが歌える尊い歌です」とコメントした。  鈴木は「『After All』は、亀田さんの素敵なアレンジによって壮大で美しい曲になり、その美しさを私の声で最大限に表現したので、皆様が聞いた時に幸せな気持ちになれる曲になったと思います」と新曲への思いを語った。「今回収録されている4曲はそれぞれ全く違うジャンルで、楽しめるEPになっています。1曲1曲に合った表現でこだわって歌いました。高校生の時より、デビューしたばかりの時より、さらに成長した鈴木瑛美子を感じてほしいです!」とメッセージを寄せた。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT