Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アリババなどが実践するパーソナライズドマーケティング、チャットボットを活用したECマーケティングの今

配信

ネットショップ担当者フォーラム

急速に台頭する中国のモバイルインターネット産業は、圧倒的な勢いで成長しています。それに伴い「ビジネスインテリジェンス(BI)」が注目を集めています。今回はBIが中国におけるECサイト運営でどのように消費者へのアプローチに役立てられているか、どのようなシーンで顧客満足度の改善に寄与しているか解説します。  

中国EC市場の課題を解決する「BIツール」

BIは、経営戦略などビジネス上の意思決定を包括的にサポートする考え方と手法です。たとえば、企業に蓄積された大量のデータを収集して分析・加工を行い、その結果を可視化するダッシュボードツール「BIツール」はその1つの手法です。 中国EC市場を牽引するアリババグループは2019年に創業20年目を迎えました。中国経済やインターネットの成長スピードが世界を震撼させています。 ネットユーザーの95%以上を占めるモバイルネットユーザーは、11月11日の「独身の日セール(通称ダブル11)」を大いに盛り上げ、インターネット上のGMV(Gross Merchandise Volume:総流通額)も年々伸びています。 2019年のダブル11では、アリババグループの「Tmall(天猫)」はGMVが2,684億元(1元=15.58円で換算すると約4兆1807億円)に達し、前年の2,135億元(1元=15.58円換算で約3兆3263億円)と比べると25.7%の増加となりました。一方で、増加率は2018年の前の年比が26.9%だったことと比べると、1.2ポイント低下しています。 データからもわかるように成長率は少しずつ鈍化傾向にあり、中国EC市場は成長期を経て安定的な成熟期を迎えつつあります。また、近年、新規顧客獲得コストは増加しており、EC店舗を出店する企業は頭を悩ませています。 タオバオ、京東(JD)をはじめとしたECプラットフォームはこうした課題に対し、「千人千面(チェンレンチェンミエン)」と言われるBIの仕組みを導入しています。 ■ BIの仕組み「千人千面(チェンレンチェンミエン)」とは 「千人千面」はECプラットフォーム内における商品表示のアルゴリズムのことを指し、ターゲティングアプローチ手法の1つです。来訪ユーザーの性別・年代などの登録情報、検索履歴、閲覧履歴、購買履歴によって各ユーザーに最適化された画面と商品を表示。日本ではDLPO(Dynamic Landing Page Optimization)と呼ばれる自動的に訪問ページを最適化する仕組みを、中国ではECプラットフォーマが億人クラスのユーザーを対象に、大規模運用しています。 画面中央の靴はゴルフシューズで、ユーザーは数日前に複数のブランドでゴルフシューズを検索しました。しかし、検索した商品は未購入のため強くレコメンドされています。同様にバスケットボールとお茶が表示されているのは、このユーザーがそれぞれ同カテゴリーの商品を購入しているからです。そのため、「球技に興味がある」「お茶を好む」ユーザーとして自動的に商品をレコメンドしています。 ECプラットフォームは閲覧・訪問・トランザクションといった膨大なデータベースを保有しており、出店企業にBIツールを開放しています。アリババでは「データバンク」、京東(JD.com)では「京東商智」が代表的なBIツールです。 出店企業はこれらのBIツールを導入し、活用しながら、ユーザーを把握してマーケティング施策を行います。このようにECプラットフォームでは顧客獲得コストを低減する工夫が「千人千面」などのBIという形で実践されています。