Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今は“街の人気者のおばちゃん”が稼ぐ時代。Amazonや楽天に勝つカギは「ヒト消費」だ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

14億円もの負債を抱えていたメガネチェーン店「OWNDAYS」を立て直した、実業家・田中修治さん。 4月15日に発売された新刊、『大きな嘘の木の下で 僕がOWNDAYSを経営しながら考えていた10のウソ。』では、20年間のビジネスの現場で培った考え方が網羅されています。 田中さんは著書のなかで、とくに「私たちには疑うべき世の中の“常識”がある」と言います。 猛スピードで変化していく今の時代、私たちが知っておくべきことは一体何なのでしょうか? 抜粋してお届けします!

「ヒト消費」の時代に突入

時代はモノ消費からコト消費へと移り変わり、今は「ヒト消費」の時代に突入したのだ。 ヒト消費は学習塾でもレストランでもヘアサロンでも、メガネ屋でも、靴屋でもどんな業界でも起きてくる。 「◯◯先生から教わりたい」「◯◯さんの作った料理が食べたい」「◯◯さんがいるから、靴はこのお店で買う」「メガネは◯◯さんから買う」、そんな社会になっていく。 今後、沢山の人から信頼され選ばれる人たちは、企業の間で奪い合いになる。 よって、給料もすごく上がる。 人気のおばちゃんが隣町のお店にいたら「給料、倍払うからうちのお店に来てよ」とスカウトされるようになるかもしれない。 「人気のおばちゃんについているお客さん」も一緒にごっそりやってくるようになるからだ。 昔はそういった「街の人気者のおばちゃん」の給料は低かった。 でも、今はそういうおばちゃんは、SNSなどですぐに話題になって引っ張りだこになる。そういうおばちゃんが稼ぐ時代がやってくるのだ。 そういうおばちゃんはなぜ沢山売ることができるのか?それは何より「楽しんでいるから」だろう。 「〇〇さんには、これが似合うわよ」とか「〇〇さんにオススメの商品が入ったのよ」というぐあいに、本人も楽しんでいるし、目の前の人も楽しませようとする。 そういう純粋な気持ちでやっているから、お客さんが支払った価格以上の豊かさを、お客さんに提供できるようになり、お得な交換がファンを生み、その人のフォロワーが増えていく。 仕事だからと嫌々やっているような人には、ファンは絶対につかない。 技術だけで選ばれるような時代も、終わりつつある。 寿司職人であっても、寿司の握り方は今やYouTubeでも勉強できる時代だ。品質やサービスという部分でも差別化には限界がある。 これからは技術や機能だけでは、価値は上がっていかない。技術や機能がどんどんテクノロジーによって代替されてしまうからだ。 そうなると、人間が本来持っている魅力の勝負になっていく。 「この人に任せたい。この人に教えてほしい」、そういうフォロワーを沢山引き寄せられた人が強い時代になっていくのだ。 経営者も、最初は「経営がうまい」ということで評価されていても、最後は存在感や「その人がいる」こと自体が価値になっていく。 そういった価値のことを「意味」と言ったり「ストーリー」と言ったり「人間力」と言ったり、いろいろと形容されるが、とにかくそういった価値で勝負した方が、値段が上がっていく時代になったのだ。

【関連記事】

最終更新:
新R25