Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<伊藤健太郎>「東京ラブストーリー」なぜカンチ役? 「昼顔」で“発掘”したドラマPが語る魅力

配信

MANTANWEB

 柴門ふみさんの同名マンガを約29年ぶりに再ドラマ化した連続ドラマ「東京ラブストーリー」で主人公の永尾完治(カンチ)を好演した俳優の伊藤健太郎さん。「東京ラブストーリー」の清水一幸プロデューサーは、伊藤さんがドラマデビューした連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(フジテレビ系、2014年7月期放送)でもプロデューサーを務めていた。今作のいわゆる“令和版”のカンチについて「普通オブ普通」の男と説明し、同役を演じられるのは「伊藤さんしか浮かばなかった」という清水プロデューサーに起用理由と伊藤さんの魅力を聞いた。 【写真特集】伊藤健太郎のお姫様だっこ! キュンキュンしちゃう!! お相手は…

 ◇マイルドな顔、体形、雰囲気などが“味”

 ドラマの物語は、愛媛から上京してきた完治、自由気ままな性格で、完治に好意を寄せる赤名リカ、完治の高校の同級生の三上健一、同じく同級生で完治が思いを寄せる関口さとみ、三上の大学の同級生・長崎尚子が織りなすラブストーリーだ。1991年に鈴木保奈美さんと織田裕二さん共演で制作された“平成版”は、最高視聴率32.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、期間平均視聴率22.9%(同)をマーク。小田和正さんが歌った主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」も大ヒットした。

 “令和版”は原作と同様、完治が主人公。しかし、原作の完治は女性に慣れている部分があり、プレーボーイの三上と差別化できなくなるため、“平成版”と同様、優柔不断で優しく温かいという設定だ。清水プロデューサーは「田舎から上京し、どこにでもいるような男の完治を誰が演じたら面白いかと考えたときに、伊藤さんにしかできないと思った」と言い切るほど、強い気持ちでオファーした。

 その裏には「“普通の男”を上手に演じられる俳優はなかなかいない」という理由があった。「伊藤さんの顔はマイルドなので、優柔不断な完治が戸惑う姿などにいやらしさがない。“普通に見せる演技”は演じようと思ってもなかなかできるものではありません。体形を含めた雰囲気など、全てが彼の“味”」と、“普通の男”を体現させることができる要素を明かした。

【関連記事】