Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【速報】アルピーヌ、2021年からF1参戦決定!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

あの有名な「アルピーヌ(ALPINE)」ブランドが、2021年からF1に参戦することが正式に発表された。 ●【予選結果】2020年F1第8戦イタリアGP予選Q1-Q2-Q3のタイム差、周回数 2020年9月6日(日)、ルノーは「アルピーヌF1チーム」にブランド変更することを発表した。2021年から新しいチーム名と新しいカラーでレースをすることになる。 モータースポーツから生まれたアルピーヌ・ブランドは、ラリーやル・マン24時間耐久レースなどで勝利を挙げている有名なブランドの1つだが、F1に参戦するのはこれが初めてとなる。 アルピーヌはその車体に「ルノー・E-TECH・ハイブリッドエンジン」を搭載し、ルノーの名はパワーユニットのメーカーとしてF1に残ることになる。 ルノーは7月、2021年から2度のワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソのF1復帰を発表。8月には新しいコンコルド協定に同意し、少なくとも2025年までF1に残ることを約束したばかりだ。しかし、ルノーグループ内では、いくつかの変化があった。 新しいルノーグループのCEOであるルカ・デメオは、傘下の主要ブランドであるルノー、ダチア、アルピーヌ、そして新しいモビリティに焦点を当てるように会社を再編成した。 この変更の一環として、ルノーF1代表のシリル・アビテブールは、現在アルピーヌのスポーツカー『A110』のブランド価値を向上させる任務を負うこととなった。 そして、F1においてアルピーヌの名前が発表されることとなった。ルノーの黄色と黒に取って代わる新しい配色として、フランスの赤、白、青のナショナルカラーが選ばれたのだ。 アルピーヌがマニュファクチャラーとしてF1に登場するのはこれが初めてのことになるが、1977年にルノーがF1へ初めて進出した際は、アルピーヌとゴルディーニのレーシング部門で構成されたチームだった。 アビデブール代表は、「この変化は、チームとF1の足跡において重要な瞬間となるだろう」と述べ、次のように続けた。 「新しいルールと財務の仕組みは、収益の配分方法が公正で、運営がシンプルで進歩的だ」 「“バジェット・キャップ(予算上限)”により、“予算による競争”が終結し、署名した全チームがF1のスポーツとしての価値を計れるようになる。アルピーヌはF1での地位を確立し、勝利に挑戦することができるのだ」 2021年、アルピーヌF1チームは、フランス人ドライバーのエステバン・オコンと、F1に復帰するフェルナンド・アロンソというラインナップで新たな歴史を作ることになる。

【関連記事】