Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最も人気な「M-1グランプリ王者」が決定! 圧倒的1位は好感度もナンバーワン!【結果発表】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 2001年に初めて開催された漫才師のトップを決める大会「M-1グランプリ」。毎年多くの芸人がエントリーし、さまざまなスタイルの漫才が披露しています。決勝戦はもはや、年末の風物詩ともいえる大人気番組となっています。 【画像:ランキング10位~1位を見る】  ねとらぼ調査隊では8月3日から9月2日までの間、「あなたが一番好きな『M-1グランプリ歴代王者』は誰?」というアンケートを実施していました。多くのドラマが生まれたM-1グランプリの王者で、最も人気なのは誰なのでしょうか?  今回の投票では5493票もの投票を頂きました。ご協力ありがとうございます! (調査期間:2020年8月3日 ~ 2020年9月2日、調査対象:ねとらぼ調査隊にアクセスしてアンケートに参加してくれた5493人)

●第3位:アンタッチャブル

 第3位となったのは2004年の第4回大会で優勝したアンタッチャブルでした! 得票率は11.6%(638票)となりました。キャッチフレーズは「悲願の正面突破」。  ファーストラウンドで披露したのは「結婚の挨拶」のネタで、アンタッチャブルらしい山崎さんのウザさ全開なボケと、柴田さんのキレッキレなツッコミが爆発していました。また、最終決戦では「息子のしつけ」のネタを披露し、中田カウスさん以外全員がアンタッチャブルに票を入れました。  ちなみにファーストラウンドでは全員が最高得点を付け、圧倒的な得点で最終決戦に出場。完全にアンタッチャブルの大会だったと言える年になりました。

●第2位:ミルクボーイ

 第2位となったのは2019年の第15回大会で優勝した「ミルクボーイ」でした。去年の大会なので記憶に新しいという人も多いと思います。得票率は12.8%(702票)で、キャッチフレーズは「ナニワスパイラル」でした。  令和になってから初めての大会で、ファーストラウンドでは681点を取り、アンタッチャブルが保持していた歴代最高得点(673点)を更新しました!  今やお馴染みとなった「○○やないか」「ほな○○と違うか~」のくだり、この同じ構成のネタ2本で決勝を戦い抜き、優勝しました。駒場さんのオカン、ど忘れしたものを思い出せる日は来るのかな……。  ちなみに、ネタの冒頭で駒場さんがもらったのは「ベルマーク」と「ねるねるねるねの2の粉」です。

【関連記事】