Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一律なら実施が容易なわけでも公平なわけでもない 模索すべきコロナ対策の「重点化」

配信

週刊東洋経済
一律なら実施が容易なわけでも公平なわけでもない 模索すべきコロナ対策の「重点化」

(写真:週刊東洋経済)

<2020年6月20日号> 国際通貨基金(IMF)は、新型コロナとそれに伴う自粛を背景に今年のわが国の経済成長率をマイナス5%と試算する。政府は25兆円規模の第1次補正予算に続き、事業者の家賃補助、困窮学生への支援を含む約30兆円の第2次補正予算編成に着手した。

本文:1,256文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込55
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    佐藤 主光 :一橋大学大学院教授

    週刊東洋経済の有料記事

    PayPay残高使えます