Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

さらば南海、そして大阪。ホークス、九州の福岡へ/プロ野球20世紀・不屈の物語【1988年】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。

4月に川勝オーナーが死去

 1988年といえば、昭和63年。当時を知る人は、昭和天皇の容態が毎日のように伝えられ、世の中は自粛ムードが漂い、誰もが時代の終わりを悟っていたことを記憶していることと思う。若い人には想像しにくいかもしれない。時代は平成を経て令和になったばかりだが、このときの時代の節目とは、まるで様子が違ったのだ。  昭和の終焉は、プロ野球の世界にも迫っていた。プロ野球が始まった36年から歴史を彩ってきた阪急がオリックスとなったことは紹介したが、この88年、身売りの噂がささやかれ続けていたのは同じパ・リーグの南海だ。やはり戦前の1リーグ時代、39年3月1日に創設。29日に9番目の球団として加盟が承認された。ただ、当時は春季、秋季の2シーズン制で、全9球団と奇数になることで日程が組みにくいという声もあり、春季には間に合わず、秋季から公式戦に参加する。  強くなったのは戦後。岡本伊三美を紹介した際にも触れたが、復活1年目の46年にグレートリングとして初優勝、2リーグ制となって黄金時代を謳歌した。南海としての最後の優勝はパ・リーグが前後期制となった73年だ。正捕手で四番打者でもあった野村克也が70年から監督を兼任し、この73年に前期を制覇。後期は覇者の阪急に1勝もできず終わったものの、プレーオフでは3勝2敗で阪急を撃破、“死んだふり優勝”とも言われた。だが、その後は優勝から遠ざかり、野村が77年シーズン終盤に退団したことで、低迷は深刻になっていく。78年から1度も勝ち越しなし、5度の最下位を含む10年連続Bクラスで迎えたのが88年だった。  88年は南海にとって創設50周年という記念すべきシーズンだったが、いきなり悲劇に襲われる。4月に川勝傳オーナーが死去。球団への思い入れが強かった川勝オーナーの死が、その売却を加速させたとも言われる。ただ、悪いニュースばかりでもなかった。黄金時代をエースとして支えた杉浦忠監督の3年目。就任1年目こそ最下位だったが、2年目には4位に浮上するなど、順位を上げてきていた。さらに、魅力的な戦力も加わる。

【関連記事】