Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

焼夷弾の雨、「島永君」の死…熊本大空襲75年 91歳元教師がたどる記憶の街

配信

熊本日日新聞

 1945年8月の敗戦から75年。当時、熊本も戦争一色だった。県内各地に展開された旧日本軍の部隊や軍需工場、市民が犠牲になった空襲、銃後の暮らし-。戦後、復興を遂げる中で、その爪痕を知るすべは失われてきた。地域で暮らす人々の証言と、今も残る貴重な戦争の遺構などから、足元の土地に宿る「記憶」をたどる。  6月24日昼下がり、熊本市中央区大江。学校や図書館が密集する文教地区を、夏服の生徒たちが談笑しながら行き交う。気温30度を超す炎天下でもマスク姿が日常の風景だ。  上村文男さん(91)=熊本市北区=は、傘をつえ代わりにして一歩一歩足を踏み出す。脳裏で交錯する75年前の光景。深夜なのに辺りは赤い炎に照らされ真昼のようだった。母校の旧制熊本中(現熊本高)が燃え上がるのを横目に父と必死で走った。米爆撃機B29の爆音、逃げ惑う人々。親友は背中に焼夷[しょうい]弾が直撃して死んだ-。  1945年7月1日の熊本大空襲。上村さんは熊本中4年で、実家は大江小の近くにあった。あの夜は家族が寝静まった後、空襲警報が鳴り響いた。母親や妹は先に避難し、上村さんと父親が家に残った。焼夷弾の雨は次第に激しさを増した。「新屋敷方面から火の手が一気に迫り、日ごろのバケツリレーの訓練なんか役に立たなかった」。家を諦め、今の熊本学園大の東側に広がっていた「渡鹿練兵場」へ逃げた。

 上村文男さん(91)=熊本市北区=が命からがら逃げたという当時の道順を一緒に歩いた。一面、焼け野原になっていた一帯には今、十数階建てのマンションやショッピングモールが立ち並ぶ。焼けた実家があったまさにその場所は3階建ての集合住宅になっていた。  なぜ、この一帯が大空襲の目標にされたのか-。「この辺りは軍の施設ばかりでした」と上村さん。熊本学園大一帯は「歩兵第13連隊」、白川中は「野砲兵第6連隊」、開新高は「騎兵第6連隊」。現在、文教地区の“顔”となっている学校群の敷地は軍の施設跡だった。「米機は軍事施設とともに、市民の戦意喪失のために徹底して街並みを焼いた」と語気を強める。  軍都の遺構を求めて熊本学園大横の産業道路沿いに向かった。歩兵第13連隊正門跡の赤れんがの壁が残っていた。上村さんはここに立つと思い出す。「兵隊がたくさんいたが、街の火を消そうとも、逃げる人々に手を貸そうともしなかった」

【関連記事】