Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミラノの有力ギャラリー、ニルファーのオーナーが自宅を披露 巣ごもり生活はテラスで楽しむ

配信

WWD JAPAN.com

イタリア・ミラノの「ニルファー・ギャラリー(NILUFAR GALLERY以下、ニルファー)」は、インテリアからアート作品まで幅広く紹介する有力ギャラリーだ。同ギャラリーは1979年、ニナ・ヤシャー(Nina Yashar)が設立。毎年開催される「ミラノサローネ(MILANO SALONE)」では、その独特な世界観とともに存在感を放っている。今年は新型コロナウイルス感染拡大で「ミラノサローネ」が中止になった。オーナーのヤシャーにロックダウン中の巣ごもり生活について聞いた。 【画像】ミラノの有力ギャラリー、ニルファーのオーナーが自宅を披露 巣ごもり生活はテラスで楽しむ

WWD: ロックダウン中の一日のスケジュールは?

ニナ・ヤシャ―=ニルファー代表(以下、ヤシャー):ロックダウン中は、信じられないほどリラックスした日々を送っている。ベッドで朝食後に、オンラインでピラティスのコースを受けて、仕事を始める。自宅は2階建てで、私は大きな寝室と広いテラスがある2階で過ごしている。天気がいい日は、テラスで仕事をするわ。予想もしなかったことだけど、毎日約6時間、電話をはじめスカイプやZoomを使ってスタッフとミーティングをしてスマートワークを実践している。自宅のリビングルームやテラス、ダイニングルーム、私のスタジオやクローゼットなどいろいろなところに変化がつけられるのが楽しく、それが私のノマド的な一面を満足させている。

WWD:週末はどのように過ごしているか?

ヤシャー:週末は読書をしたり、夫と一緒にフラワーアレンジメントをしたり、友人と電話で話たりしている。私の一番の楽しみで必ずするのが、夕暮れ時のテラスでのアペリティーボ(食前酒)。

WWD:ロックダウン中に新たな趣味や関心を持ったことは?

ヤシャー:もちろん。毎日の瞑想は欠かせない。それをして、ネガティブなことに押しつぶされないよう平常心を保っている。自分の時間が増えたので、クラシックを聴きながらお茶を飲んでリラックスできる喜びがあるし、長らく感じていなかった完璧な雰囲気の中の深い安らぎを感じる。また、古代文明について学ぶことに熱中している。全く関心がないと思っていた量子物理学についても読んでいる。

【関連記事】