Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハードオフで買った金属探知機で「宝探し」…近所で遊べる夏休みのアイデアが楽しそう

配信

FNNプライムオンライン

公園で“宝探し” 見つかったのは…

まもなくやってくる夏休み。 毎年待ち遠しいイベントのはずだが、今年は新型コロナウイルスの影響でなかなか遠出の予定を立てにくい…と悩んでいる人も多いだろう。22日から実施予定の「Go To トラベルキャンペーン」は、東京都を除外して実施する方針となった。 【画像】実際に発見した“お宝”がこちら! そんな中で注目されているのが、「おうち時間」の過ごし方。 外出自粛期間からSNSを中心に、家の中や近所でできるゲームや工作などのアイデアが数多く投稿されているが、今、大人も子どもも楽しめそうな、こんな遊びがTwitterで話題になっている。 「ハードオフで買ってきた金属探知機で子供達と遊ぶ。公園の色々な場所をスキャンして、ピーと反応した場所をスコップで掘ってみたところ、プルタブや塗料の缶のような物が発掘出来た。子供達はお宝を発見したかのように大喜びだった」 Twitterユーザーのnam-5(@nam_5)さんが投稿したのは、リサイクルショップで買った金属探知機を使って“宝探し”をした時の様子。 小学校3年生の息子さんと、小学校1年生の娘さんが公園の地面に金属探知機をかざしながら歩いている姿が写真に収められている。 見つかったのは錆びたプルタブや、塗料が入っていたと思われる潰れた缶など。 反応があった場所をスコップで掘り返して見つけたということで、まさしく「発掘」作業が体験できたようだ。 普段、なかなかお目にかかれない金属探知機というアイテムがリサイクルショップで買える、というのも驚きだが、ワクワク感が伝わってくる写真にTwitterユーザーも注目。 「金属探知機はロマンですね」「これは大人でもやりたいぐらい」とのコメントが集まり、3万件を超える「いいね」がついた。(7月16日現在) そもそも、なぜ金属探知機を購入しようと思ったのだろうか? 大人も子どもも楽しめそうな遊びのアイデアと合わせて、さっそく、投稿者でふたりのお父さんであるnam-5さんにお話を聞いてみた。

【関連記事】