Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【東京ダービー予想】AIの分析結果を大公開!人間の常識との相違点は!?

配信

netkeiba.com

 今回の分析結果を見た第一印象は、「やはりゴールドホイヤーはチャートでかいな!」というもの。チャートの大きさだけでいうとブラヴールとは差がついたな……と思ってよく見ると、ブラヴールで評価が低くなっている項目は血統。これはさすがのAIも、セレンという種牡馬を評価できなかったと見た。なにしろセレンは3~4歳の血統登録されている産駒がブラヴールを入れて4頭のみだ。セレン自身の成績が予想ファクターになっていないとしたら、こうなるのも自然だろう。  逆に、血統をノーカウントにすればゴールドホイヤーとブラヴールの差は小さく、3番手以下との差は大きい。人間代表として、「AIを参考にしつつその裏を突く」という意味で◎ブラヴール、○ゴールドホイヤーの順にして馬券上の扱いは同等に。かつ◎○で1、2着か1、3着という3連単でいきたい。  予想していたよりチャートが大きいなと思ったのはモンゲートラオ。羽田盃3着のファルコンウィングは評価が低く、モンゲートラオのほうが脚質評価の高いぶんチャートのサイズはやや大きい。まさかAIが的場文男贔屓ということもないだろうから、▲に抜擢してみる。  ☆ブリッグオドーンも世間の評価よりAIの評価が高い。雲取賞→京浜盃を見るとさすがに厳しいだろうと思うのだが、AIに言われでもしないと買えない馬というのもいるので、従ってみる。  △を2つ打つとして人間の常識では羽田盃4着ティーズダンクか当時人気で負けたコバルトウィングなのだが、AIはそれ以前の重賞で好走+東京湾カップ勝ちのマンガンを評価しているので同馬をまず△に採用。ティーズとコバルトは両方入れると買い目が多くなるので、もう1頭の△は「妙味」の高いティーズダンクのほうにする。 ◎16.ブラヴール ○11.ゴールドホイヤー ▲6.モンゲートラオ ☆13.ブリッグオドーン △4.マンガン △9.ティーズダンク (文=須田鷹雄)

【関連記事】