Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元銀行員が見た、お金が貯まる人の3つの特徴

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

私は過去、地方銀行に勤務し、さまざまなお客様と取引をしてきました。お客様の中でも、お金を上手に貯める人、貯められない人がいました。コロナ禍で、就業状況が大きく悪化したり、老後が心配になり資産運用について悩んでいる方も多いかと思います。そこで今回は、お金が貯まる人に共通している特徴について大きく3つに整理をして考えてみました。

使い道に応じて銀行口座を分けている

実はお金を上手に貯めている人は、銀行口座をうまく使い分けています。当たり前のようですが、これができる方は意外に少ないのではというのが私の実感です。 使い分けの例としては、「生活資金用の口座」、「預貯金用の口座」、「娯楽用の口座」といった形です。こうすることで、支出の把握がしやすく、お金の動きが見えやすくなります。お金の管理をうまくできるため、預貯金も貯まりやすくなるのです。 逆に、上手に貯められない人は口座を使い分けず、一つの口座だけでやりくりをしようとします。一つにしてしまうと、本来貯金すべきだったお金も使ってしまうことになります。口座を分けることで、自分がどのくらいまで使えるのかというのを把握しておくことが重要です。

ATMの手数料を抑える

金融機関によってATMの手数料は変わってきますが、たった数百円ならいいかと思っていると、知らぬ間に結構な金額になっていることがあります。多くの金融機関では、時間が遅くなればなるほど手数料も高くついてしまいがちです。 例えば、飲み会などでお金が足りなくなったからコンビニでおろすという人は要注意です。お金を上手に貯めている人は、そもそもATMの出金回数を月に数回と決めており、手数料無料なども上手く活用しています。

お金の使い方にメリハリがある

お金が貯まる人の場合は、高価な買い物だとしても必要であるのならば我慢せずに迷わず購入します。 なぜなら、今後のライフプランを見通していて、購入自体も計画的におこなっているからです。お金が貯まらない人の場合は、できるだけ支出を抑えようと思ってなんでも我慢しようとします。 しかし、我慢を続けることで知らず知らずの内にストレスが溜まっていってしまうのです。こういったストレスから、本来必要のないものに浪費してしまい、小さな浪費の積み重ねによって貯金額も減ってしまいます。

【関連記事】

最終更新:
LIMO