Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

チェルシーがチャンピオンシップ屈指のドリブラーと交渉開始か…今季は10G8A

配信

超WORLDサッカー!

チェルシーが、ブレントフォードのアルジェリア代表FWサイード・ベンラーマ(24)に関心を寄せているようだ。イギリス『メトロ』がアルジェリア『La Gazette du Fennec』の情報をもとに伝えている。 【動画】カバー範囲は“地球の3割”!? 世界最高峰DMFエンゴロ・カンテ 11歳でフランスに移住し、ニースの下部組織で育ったベンラーマ。アンジェやアジャクシオ、シャトールーなどフランスのクラブをレンタルで転々とし、2018年夏にブレントフォードに完全移籍した。 左ウイングを主戦場とする右利きのアタッカーで、足元の技術を生かしたドリブル突破で数々の好機を演出。今季は2月のハル・シティ戦のハットトリックを含め、チャンピオンシップ34試合で10ゴール8アシストという成績を残している。 チャンピオンシップ屈指のドリブラーにはアーセナルやレスター・シティからの関心も伝えられていたが、アルジェリアメディアによると、チェルシーもこの争奪戦に参入。そしてすでに2クラブを出し抜く形で交渉を開始しているようだ。 昨年にはアストン・ビラが1400万ポンド(約18億5000万円)のオファーを出すも撃沈。2022年までの契約を残すベンラーマは「プレミアリーグのクラブが興味を持ってくれているのは嬉しいけど、今はブレントフォードに集中しているんだ。契約も残ってるし、このチームに入られて誇りに思っている」とコメントしていた。

超WORLDサッカー!

【関連記事】