Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

個人事業主の公的年金の上乗せ制度「国民年金基金」 デメリットから活用法を考える

配信

マネーの達人

「国民年金基金」という言葉から、セカンドライフに向けた制度であることはイメージできますが、具体的にはどのような制度か知らないことが多いです。 「個人事業主はこの国民年金基金に加入すべき?」という部分も含めて、どのような制度かを見ていきましょう。

国民年金基金は国民年金の任意の上乗せ制度

国民年金基金は、国民年金第1号被保険者ならびに65歳未満の任意加入被保険者(※)などが対象です。 したがって、個人事業主・個人事業主の配偶者の方が中心となる制度です。 会社員・公務員、会社員・公務員の被扶養配偶者は対象外です。 個人事業主のセカンドライフの公的年金は、多くの場合は国民年金からの老齢基礎年金のみです。 それだけではセカンドライフの生活費を補うのが難しいため、国民年金の上乗せとして任意で加入する制度です。 加入手続きは全国国民年金基金の都道府県ごとの各支部が窓口です(職能型を除く)。 なお、国民年金第1号被保険者であっても、 ・ 国民年金の保険料を免除(一部免除・学生納付特例・納付猶予を含む)されている方 ・ 農業者年金の被保険者の方 は、国民年金基金に加入できません。 (※)任意加入被保険者:60歳までに老齢基礎年金の受給資格を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合などで年金額の増額を希望した人は60歳以降でも国民年金に任意加入できる制度。 参照:国民年金基金(全国国民年金基金)

掛金は全額が社会保険料控除の対象

毎月支払った国民年金基金の掛金は国民年金保険料と同じように、掛金の全額が支払った年の社会保険料控除の対象となり、所得税や住民税が低くなります。 国民年金基金の掛金の上限額は月額6万8000円です。 iDeCo(個人型・確定拠出年金)と併用して加入する場合でも、国民年金基金とiDeCoの掛金合計額はこの金額が上限です。 選択する将来受け取る年金の種類ですが、1口目は、終身年金A型またはB型のどちらかを必ず選択をする必要があります。 2口目以降は、終身年金A型、b型または確定年金*1型、2型、3型、4型、5型の7種類の中から自由に選択できますが、確定年金の受け取り年金額は、終身年金の受け取り年金額を超えることはできません。 したがって、国民年金基金は、将来受け取る年金をすべて終身年金(一生涯)にすることも可能です。 人生100年時代と言われるように長寿社会においては、心強い味方です。 また、掛金により将来の年金給付額は確定していますので、セカンドライフのライフプランを計画しやすいのも利点です。 *1型、2型、3型、4型、5型は、正式にはローマ数字で表記

【関連記事】