Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・矢野監督 遅刻で2軍降格の藤浪は「これが初めてじゃない」「社会人としての判断」

配信

デイリースポーツ

 阪神は29日、藤浪晋太郎投手(26)が遅刻により、2軍再調整になったことを発表した。矢野監督は藤浪に関して「チームとしてひとつになろうとしているときにね。自分を見つめ直してほしい」とコメント。前日28日10時半からの練習に遅れ、グラウンドに出ることを許可されなかったという。 【写真】スタンドから紅白戦を見守った矢野監督 グラウンドを見つめ何を思う…  矢野監督は「人なんでミスもあるし、失敗というか何かよくないこともあると思うんだけど、時間というのはみんなの信頼を失うことになってしまう」と説明。続けて「これが初めてじゃないんで。そういうところの野球人の前にやはり、社会人として、人とのつながりということを考えるとそういう判断をした」と語った。  藤浪は3月26日にPCR検査で陽性と判定され、新型コロナウイルス感染が判明。入院、自宅待機を経て以降は、2軍施設の鳴尾浜で調整していた。今月19日から甲子園球場での全体練習に合流。24日にはシート打撃に登板すると、4者連続三振を奪うなど好調をアピールしていた。  指揮官は本人とも話をしたという。「本人ももちろん反省している。だけど、これが初めてじゃないという部分で。あいつ自身が変わらないとダメな部分もある」と猛省を促し、再合流などの時期を含めた今後については「晋太郎が戻ってきてもひとつになれるであろうとなるんであれば戻るだろうし。時間がどれくらいというのは俺にも分からない」と語った。

【関連記事】