Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【スクープ】ランエボ譲りの走り!? エクリプスクロスPHEVは新時代のスポーツカー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

三菱復活なるか? 何を今更と思うなかれ、今後の電動化戦略がとにかくアツいのだ。そう、年内にもエクリプスクロスにPHEV(プラグインハイブリッド)が追加され、さらに来年にはアウトランダーPHEVのモデルチェンジも控えているという。 ■超カッコよさそう! 新型エクリプスクロスの姿を隅々チェック(全22枚) 今回は、間も無く登場予定のエクリプスクロスPHEVの詳細をご紹介! 値段次第ではRAV4 PHVを超えそうだゾ。

PHEV第二弾はエクリプスクロスに

エクリプスクロスが年内にもマイナーチェンジを受けるという。しかもコレ、改良という言葉では片付けられないほどの内容なのだ。現状1.5Lターボと2.2Lディーゼルターボという布陣だが、新たにPHEVモデルが追加されるという。 欧州の排ガス規制であるユーロ6に対応すべく、人気のディーゼルがPHEV投入と共にモデル落ちするとの気になる情報もある。こちらの行方も気になるところだ。 載っかるユニットは現行アウトランダーPHEVと同じモノで、航続可能距離などは多少前後するという。が、ポイントは乗り味で、かなりスポーティな路線になる模様。 そもそもエクリプスクロスのプラットフォームはアウトランダーと同じで、前者の全長が短い分、元々かなりスポーティな味付け。とくに1.5Lターボモデルは軽快そのもの、一方のディーゼルは同じクルマとは思えないほど重厚感あふれる印象である。 今回追加されるPHEVモデルは、ランサーに対するランエボとまでは言わないがよりスポーティに振った内容となるようだ。

デザイン大幅刷新! ネガも払拭される模様

パワーユニットだけでなく、内外装デザインも大幅に手が加えられるという。フロントはもっとダイナミックシールドを強調したものとなり、テールランプに至っては昨年のモーターショーで登場したMI-TECH CONCEPT(マイテック コンセプト)に近いデザインのテールランプになる模様だ。 インテリアの変更内容に関しては、情報がゲットできていないが、ディスプレイオーディオの機能をより充実させる線が濃厚だ。現状、ディスプレイオーディオを選択するとTVチューナーが装着されないために、個人的にはNOだったが、そういったオーディオ関連の機能を充実させてほしいところ。 新たにPHEVを追加し、電動化をさらに推し進める三菱。世界初の量産型EVであるi-MiEV(アイミーブ)が生産終了との報道が流れている。事実だとすれば残念な限りだ。三菱が培ってきたその叡智を、今後のモデルに生かして欲しい。 エクリプスクロスPHEVが起爆剤となって、かつてパジェロがバカ売れしていた時代のように、元気な三菱の復活を願うばかりだ。 【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

MOTA編集部 木村 剛大

【関連記事】

最終更新:
MOTA