Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「会食時は換気のいい状態を作る工夫をしている」西村大臣、娘からもらった首掛け扇風機を使い感染防止対策を呼びかけ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 西村康稔経済再生担当大臣は14日の会見で、「経済活動が活発化する中、ちょっとした感染防止策の徹底、工夫を積み重ねることで感染拡大を防ぐことができる。換気のいい状態を作る工夫を私もしている」と改めて呼びかけた。 【映像】首掛け扇風機を披露する西村大臣  西村大臣は「最近では会食に伴う感染拡大が広がっている」との認識を示し、13日のアドバイザリーボードで紹介された、高齢者施設において斜め向かいに座ることで感染拡大を防いでいる事例を挙げ、「私も昨日、同僚議員と4人でお好み焼きを食べたが、まず“斜めに座ろう”と提案した。そのお店はドアや窓を開けっ放しにしてくれているので換気が非常に良い上、扇風機をテーブルに置いてくれていたが、私は会食時、娘が買ってきてくれた首に掛ける扇風機で風を出し、換気を良くするようにしている」と話していた。(ABEMA NEWS)

【関連記事】