Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新宿アニソンスコープ>石川智晶&梶浦由記の伝説のユニット「See-Saw」ベスト盤が首位 「デレステ」、鬼頭明里の1stアルバムも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 アニソンの充実ぶりで知られるタワーレコード新宿店のアニメ担当バイヤー樋口翔さんが、アニソンの売れ筋や販売現場の生の声を伝える「新宿アニソンスコープ」。同店の6月8~14日の1位は、石川智晶さん、梶浦由記さんによる伝説のユニット「See-Saw」のベスト盤「See-Saw Complete Best 『See-Saw-Scene』」でした。 【写真特集】梶浦由記の熱いライブ! ご本人の写真も

 ◇先週の結果

 「See-Saw」は、1993年にデビューしたユニット。2006年に活動を休止しましたが、2019年2月に開催された「フライングドッグ10周年記念LIVE -犬フェス!-」で復活し、同年12月には、約17年ぶりとなる単独ライブを開催したことも話題になりました。

 ベスト盤は、アニメ「機動戦士ガンダムSEED」のエンディングテーマ「あんなに一緒だったのに」などアニメタイアップ曲を中心に収録。今回のベスト盤で、ファンの間では“幻の名曲”といわれる「新しい予感 ~Only at JUSCO~」が初めてCD音源化されたことも話題になっています。今回のランキングでは、梶浦さんのライブアルバム「Yuki Kajiura LIVE vol.#15 “Soundtrack Special at the Amphitheater”」も5位にランクインしています。

 続く2位には、スマートフォン向けゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」(デレステ)のCDシリーズ第39弾「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 39 O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!」がランクイン。双子のアイドルの久川颯、久川凪の人気曲が収録されています。3位には、人気声優の鬼頭明里さんの初のソロアルバム「STYLE」が登場。タイトルの通り、鬼頭さんのキュートさ、クールさとさまざまなスタイルが楽しめる一枚になっています。

【関連記事】