Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

かわいい見た目のすしサンド。子どもの日やおうちピクニックに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

子どもの日などのちょっとしたお祝いや、おうちの中でのピクニックに、おすしサンドはいかがですか? 簡単なつくり方を料理家の近藤幸子さんに教えてもらいました。見た目もかわいらしくて、気分が上がりますよ。 サンドイッチの切り方!具がきれいに見えて、パンもふんわり仕上がる

おすしよりも食べやすい!「すしサンド」のつくり方

のりの間から具材がのぞく「おにぎり」のような気軽なおすしです。 【材料(8個分)】 ・米 2合 ・すし酢 60ml ・焼きのり(約15×15cm) 8枚 ・ボイルエビ(小) 8尾 ・ハム 2枚 ・青ジソ 4枚 ・キュウリ 1/4本 ・マヨネーズ 適量 ・いりゴマ(白) 少し

【つくり方】 (1) 米は洗ってザルに上げ、水気をきる。炊飯器の内釜に入れ、水を2合の目盛りまで注いで40分ほど浸水させ、普通に炊く。炊き上がったらすし酢を回し入れ、底から返すようにして混ぜる。大きめのボウルに移し、なるべく薄く広げて濡れブキンをかけ、ときどき上下を返すようにして人肌ぐらいになるまで冷ます。

(2) 酢飯は1/8量(約80g)ずつラップで包み、俵形に整える。白米にのりをのせる

ラップをはずしてのりを1枚ずつのせ、

3分ほどおいてしんなりとさせてから、のりの端を酢飯の裏側の中央に寄せるようにして包む。

(3) ハムは十字に4等分に切り、キュウリは斜め薄切りにする。

(4) 濡らした包丁で(2)を半分の深さまで切り込みを入れる。 3つの俵の切り口に(3)のハム2切れずつと青ジソを1枚ずつ半分に軽く折ってから入れて、マヨネーズ少しをのせる。残りの俵の切り口に(3)のキュウリとエビを均等に入れ、エビにゴマをふる。 [1人分368kcal] <料理/近藤幸子さん 取材・文/ESSE編集部>

【関連記事】