Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

撥水、軽量、耐荷重10kg「マツキヨの498円エコバッグ」機能性抜群とSNSで高評価

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

経済産業省が「プラスチック製買い物袋有料化2020年7月1日スタート」で示していたように、いよいよ開始されたレジ袋の有料化。スーパーやコンビニ、ドラッグストアでその呼びかけを目にすることはあるものの、エコバッグって本当に買った方がいいの? と、疑問に思いながら過ごしていませんか?  なかなか本格的に探せずにいるエコバッグビギナーの方におすすめしたいのが、あのマツキヨで簡単に手に入るショッピングバッグ。 マツモトキヨシは地球温暖化対策への第一歩としていち早くポリエチレン製レジ袋の使用を終了し、利用者に買い物袋やエコバッグを持参してもらう運動を推進しています。株式会社マツモトキヨシホールディングスが5月13日に発表した「決算短信」によると、2020年3月期の小売事業の売上高は5,678億2000万円となっており、前期比では2.4%増加。マスクや除菌関連商品などの売り上げが伸びているようです。 そんなマツキヨで今、SNSを中心に話題になっているのがエコバッグ。実用的なだけではなくデザインの良い商品がそろい、幅広い年代から人気を集めているようです。買ったもののなかなか使わず……ということにならないであろう、きっと大活躍させられるおすすめ商品をご紹介します。

話題沸騰!持っておいて損はないmatsukiyoエコバック

エコバッグ探しにあたってまず目に留めておきたいのは、マツキヨのプライベートブランド「matsukiyo」から発売され、SNSやメディアで話題沸騰中の「matsukiyoエコバック」。税別498円というエコバッグとしてはおどろきの破格ながら、老若男女問わず気軽に持ち歩けるデザインや、機能性にもしっかりとこだわった充実のアイテムです。  メイクパレットをモチーフにした、ブラック×華やかカラーのデザイン 眺めているだけでも心躍るメイクパレットをモチーフにし、SNSでも人気の高い商品。ポップな色使いで楽しい気分になれるエコバッグも、ベースカラーは黒で汚れが目立ちにくいよう考えられています。シンプルベーシック派さんにも使いやすい、ロゴ入りのみもあり。  エコバッグとしては欠かせない撥水加工 ふと思い立って購入したペットボトルや、自宅へ持ち帰る惣菜・食料品など、水分が気になるものを入れる場合も安心の撥水ポリエステル100%。なお回収されたペットボトルを再利用して作られた再生素材がリユースされており、環境にも配慮しています。  耐荷重約10kg! コンパクトでもしっかり運べる エコバッグ自体の重量は、ハンカチサイズにたためるほどの軽量ですが、耐荷重は約10kgと安心感抜群。2Lボトルがゆうに5本は入るので、その日の買い物予定にかかわらず、バッグに入れておいて間違いはないといえそうです。

【関連記事】

最終更新:
LIMO