Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本政府「ベルリン“慰安婦像”の撤去を要求する」=韓国報道

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

日本政府は、最近 ドイツの首都ベルリンに設置された、慰安婦を象徴する「平和の少女像」の撤去を要求すると伝えた。 【写真】もっと大きな写真を見る 産経新聞などによると、加藤勝信官房長官は今日(29日)の定例会見で「(慰安婦像の設置は)わが国の政府の立場や今までの対応と相反している」とし「極めて遺憾なことだ」と語った。 加藤官房長官は「政府は(慰安婦像の)撤去のために、多様な関係者にアプローチして、わが国の立場を説明するなど、引き続き力を注ぐ」とし「これからも国際社会で正当な評価を受けるよう、努力する」と強調した。 ベルリンでは28日(現地時間)、韓国系の市民団体「コリア協議会」が設置した「平和の少女像」の除幕式が開かれた。ドイツに慰安婦像が設置されたのは、今回が3回目である。 ベルリン市の関係者は日本のTBS放送とのインタビューで「ベルリンは公共の場所での芸術に対してとても開放的だ」として、この少女像を「芸術作品として設置を許可した」と伝えた。 また「1年間という期間限定で、少女像の設置を許可した」とし「どこまでも女性に対する性暴力に反対するメッセージが伝わればいい」と語った。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】