Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『メイキング・オブ ハリー・ポッター』2023年前半オープン 関係者間で本契約締結 としまえん跡地に設立

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 8月末に閉園となる『としまえん』の跡地に設立される『ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 -メイキング・オブ ハリー・ポッター』が2023年前半オープンに向けて、関係者間で本契約が締結されたことが18日、発表された。 【動画】どんな施設? 既存のスタジオ ツアー ロンドンの様子  「スタジオツアー東京」は、ロンドンに次いで世界2番目の開設で、映画『ハリー・ポッター』シリーズで使用された衣装や小道具などを展示し、来場者に映画の舞台裏を紹介する。映画は『ハリー・ポッター』から『ファンタスティック・ビースト』シリーズへと引き継がれ、同施設ではこの2つの映画の世界観をより深く知るための仕掛けを整えていくという。  さらに、映画製作者が実際に設計、制作した映画セットを探索できるほか、映画内のシーンを実際に体験するコーナーなどもあり、原作本の世界観が、どのようにスクリーンに再現されているか知ることができる。  ワーナーブラザーズスタジオツアーとワーナーブラザースジャパン合同会社、西武鉄道および伊藤忠商事、芙蓉総合リースで施設の開発に関する契約を締結。ワーナー・ブラザース会長兼CEOのアン・サーノフ氏は「ハリー・ポッターを日本で展開できることをうれしく思います」と喜び「『としまえん』は緑地の美しい観光地として定評があり、建設場所として理想的な環境を備えています。地域環境との調和を大切に、実現できることを楽しみにしております」とコメントを寄せた。  西武ホールディングス代表取締役社長で西武鉄道取締役会長・後藤高志氏は「豊島園駅の改修を含むさまざまなプロモーションプランを検討し、価値向上に取り組んでまいります」と西武線沿線にさらなる賑わいを生み出していくという。

【関連記事】