Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ローソンのUber Eats導入店舗が1000店突破、平均単価は1,312円

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MONEYzine

 日本のコンビニとしてはじめて「Uber Eats」を導入したローソンは、配達ニーズの高まりを受けて導入店舗を拡大。「からあげクン」は日本のUber Eatsで最も売れている商品となっている。

 ローソンは日本のコンビニエンスストアとしてはじめて、コンビニ商品を自宅まで届けるために「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の導入を2019年8月にスタート。2020年5月には、大阪府・京都府・兵庫県・神奈川県・宮城県・埼玉県・千葉県・愛知県・福岡県の414店舗に導入し、8月20日には神奈川県と福岡県において、新たに合計44店舗で取り扱いを開始した。これで導入から約1年で、Uber Eats導入店舗数が12都府県の1,001店舗となる。

 ローソンのUber Eatsでは、からあげクンなどの店内調理のフライドフーズ、牛乳などの生活必需品、トイレットペーパーなど日用品、酒類の売上が高く、自宅から距離が近いコンビニエンスストアにおいても配達ニーズが高いことが確認できた。

 また、今年に入り新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛などの影響により、これまで以上に配達ニーズが増加したため、本格的に導入店舗の拡大を行ってきた。現在では、東京都23区内のほぼ全域からローソン商品を注文可能となっている(1店舗の配達範囲を半径2kmとして算出)。平均単価は1,312円。Uber Eatsの売上分はそのまま店舗の日販の上乗せとなるため、加盟店の収益改善にもつながっている。

 売上高上位の商品は以下のとおり。現在、「からあげクン レッド」は、日本のUber Eatsにおいて最も売れている商品となっている(2020年5月~7月実績)。

1位:「からあげクン レッド」 2位:「からあげクン チーズ」 3位:「からあげクン レギュラー」

 ローソンのUber Eatsでの取り扱い商品は約300品目。主な商品は、弁当、おにぎり、麺類、フライドフーズ、デザート、ベーカリー、冷凍食品、おつまみ、飲料、酒類、カップ麺、日用品、雑誌など。

MONEYzine編集部[著]

【関連記事】