Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松永浩美から小久保裕紀、内川聖一へ。 根本陸夫が仕組んだリーダー継承

配信

webスポルティーバ

根本陸夫外伝~証言で綴る「球界の革命児」の知られざる真実連載第12回証言者・松永浩美(4) 大谷翔平はマンガを超える伝説級の存在。指名打者→クローザーのち衝撃が走った 前回の記事はこちら>>  交渉開始から2時間近くが経過していた。目の前で頭を下げる根本陸夫に「もう一度だけ、苦労をともにしてください!」と言われた途端、松永浩美の全身に鳥肌が立った。「私でよければ、お力添えさせてください」と松永は即答し、FA移籍第1号選手となった。  FA元年の1993年11月28日。阪神からFA宣言していた松永は、ダイエー(現・ソフトバンク)監督の根本との入団交渉に臨んだ。阪神残留の可能性もゼロではなく、西武とも交渉。他球団からの話もあり、あくまでもフラットな状態だった。それが一気にダイエー入りに傾いたのはなぜだったのか。松永に聞く。 「今は弱いダイエーが西武みたいに強くなっていくんだ......オレがそのチームの礎になるのかと思ったら、ワクワクして。それは根本さんがチームづくりの構想を教えてくれたからなんだけど、最後は『ともに苦労してくれないか』っていうひと言が殺し文句になった。この言葉は男冥利に尽きましたね。2時間のなかにドラマがありました」  実質的なGMを兼任していた根本は、元来の交渉術に加え、編成としての辣腕を発揮。西武との3対3のトレードで佐々木誠を放出して秋山幸二を獲得した。FA選手にしても、巨人を飛び出した駒田徳広の獲得も目論み、本人の自宅に電話したあと、記者にこう言っていた。

「留守を預かっているという人が出て、『実家に戻っているが夜には帰る』ということだったよ。駒田はもともと、外野をやっていて一塁も守れる。獲得できれば、ゆっくり外国人選手を選べるんだけどな」  結局、駒田は横浜(現・DeNA)に移籍したが、根本は補強に貪欲だった。監督として1年間チームを見てきて、"同好会野球"から優勝を目指す方向に転換するには、主力選手を変えるしかないと感じたからである。そこで松永、秋山を獲ったわけだが、翌94年2月のダイエー高知キャンプ。第1クールの4日間が終わると、根本は松永を監督室に呼んだ。 「マツ、どう?」 「うーん。まあ......」 「いいんだよ、正直に言ってもらって。マツが思ったことを言ってくれたらいいから」 「本当にいいですか? とんでもないこと言っても、大丈夫ですか?」 「何でも、受け入れるから大丈夫だ」 「このチーム、キャンプは遊びですね。勝つということを考えていませんよ」 「どこでそう思った?」 「ミスすること前提のプレーしかやってませんもんね、ここは。誰かがミスするから、誰かがカバーする、っていうような野球しかやってませんよ」 「そこなんだよね。勝てるチームじゃないんだよ。それを言ってほしいんだよね」  一選手の意見を全面的に受け入れる──こんな監督は過去にいない、と松永は思った。そこで「本当に言っていいんですね?」と確認を取り、チームの投手陣と内野手たちに積極的に伝えていった。

【関連記事】